要注意!あなたも忘年会の「困ったさん」?

飲み会で好かれる上司、嫌われる上司

上司も部下も、みんなが楽しめる忘年会にしたいものです……(写真KAORU / Imasia)

いよいよ、忘年会シーズン到来です。 1年間仕事を頑張ってきたご褒美に、会社の仲間と楽しい時間を過ごしたいものです。

しかし、毎年、必ずといっていいほど現れるのが、忘年会名物「困ったちゃん(部下)」「困ったさん(上司)」です。せっかくの楽しい会が、彼らのせいで「困った」ものになってしまうこともしばしば。以下のケースを基に、あなた自身が「困ったちゃん」「困ったさん」になっていないかチェックしてみてください。

終始スマホとにらめっこの「困ったちゃん」

ということで早速、都内某所の居酒屋にやってきました。ここでは今日、某営業部の忘年会が行われているようです。それなりに盛り上がっているように見えますが……あ、いました! あの人、まさに困ったちゃんです!

困ったちゃん「……」

上司「おい」

困ったちゃん「……」

上司「さっきから何をしてるの?」

困ったちゃん「え? あ、LINEです」

最近多いですね、こういう困ったちゃん。忘年会だろうと何だろうと、大勢で楽しもうというときに、まるで会話に参加もせず、スマホとずーっとにらめっこしているような人。こういう空気を読めない人が営業職にいるというだけで驚きです。「つまらないなら帰ればと言いたくなる!」という意見もありました。

上司としては、こういう社員には「人といるときにほかのことをするのは『あなたに興味がない』と言ってるようなもの。自分がそうされても気にならないかもしれないが、それが相手にたいへん失礼な行為だとわかってほしい」と、具体的に説明してあげましょう。

さて、お次は困ったさん。あ、あの人、ご覧ください!

次ページ何度も同じ自慢話をする「困ったさん」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。