「会社員はダサくていい」は絶対にウソ!

『メンズクラブ』編集長に聞く、武器としての"装い"

2014年9月発売の11月号で、60周年を迎える老舗雑誌『MEN’S CLUB』。その編集長を務めるのが、『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』の著者であり、『MEN’S CLUB』V字回復の立役者、戸賀敬城(とが・ひろくに)氏。そんな敏腕編集長の口ぐせは「俺が出世できたのは、服のおかげかな」。服を趣味のファッション、おしゃれとしてではなく、ビジネスの武器と語る理由を聞いた。
記事前編:利益倍増!『メンズクラブ』V字回復の理由」はこちら
「僕が出世できたのは服のおかげ」と語る、『MEN’S CLUB』の戸賀敬城編集長

――戸賀さんの口癖は「俺が出世できたのは、服のおかげかな」だそうですね。潔くて面白いなと思いました。

はい、大げさではなく、そう思っています。いや僕、原稿もうまいんですよ(笑)。

ところが僕がこういうことを言うと、たいていの人が「お前の業界は見た目がすべてだけど、普通のビジネスの世界は違うぞ」「戸賀はファッション誌の編集長だから、ナルシストなんだろう」、あるいは「お前みたいな髪型や服装は、普通の企業では通用しない」とかいう反論をいただきます。生意気な言い方ですが、僕は、そういう批判がものすごく的外れだと感じています。

世界のエリートに学ぶなら、まずは「服」!

――欧米に出張に行かれると、「世界のエリート」と日本のビジネスマンのギャップに驚くそうですね。

ニューヨークやミラノ、ロンドンなどに出張に行くと、ホテルや街中で出会うビジネスマンたちは、全員が、身だしなみに気を使っています。世界のエリートにとって「清潔感があり、体に合った服を着ること」は、仕事をするうえでの最低限のマナーであり、ビジネスを成功させるための不可欠な要素なのです。

世界のエリートたちからすれば、「仕事はできるけどダサいやつ」というのはありえない。「ダサいやつ=デキないやつ」となるんですね。

次ページ欧米人だって、皆ブラピじゃない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT