「会社員はダサくていい」は絶対にウソ! 『メンズクラブ』編集長に聞く、武器としての"装い"

印刷
A
A
2014年9月発売の11月号で、60周年を迎える老舗雑誌『MEN’S CLUB』。その編集長を務めるのが、『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』の著者であり、『MEN’S CLUB』V字回復の立役者、戸賀敬城(とが・ひろくに)氏。そんな敏腕編集長の口ぐせは「俺が出世できたのは、服のおかげかな」。服を趣味のファッション、おしゃれとしてではなく、ビジネスの武器と語る理由を聞いた。
記事前編:利益倍増!『メンズクラブ』V字回復の理由」はこちら
「僕が出世できたのは服のおかげ」と語る、『MEN’S CLUB』の戸賀敬城編集長

――戸賀さんの口癖は「俺が出世できたのは、服のおかげかな」だそうですね。潔くて面白いなと思いました。

はい、大げさではなく、そう思っています。いや僕、原稿もうまいんですよ(笑)。

ところが僕がこういうことを言うと、たいていの人が「お前の業界は見た目がすべてだけど、普通のビジネスの世界は違うぞ」「戸賀はファッション誌の編集長だから、ナルシストなんだろう」、あるいは「お前みたいな髪型や服装は、普通の企業では通用しない」とかいう反論をいただきます。生意気な言い方ですが、僕は、そういう批判がものすごく的外れだと感じています。

世界のエリートに学ぶなら、まずは「服」!

――欧米に出張に行かれると、「世界のエリート」と日本のビジネスマンのギャップに驚くそうですね。

ニューヨークやミラノ、ロンドンなどに出張に行くと、ホテルや街中で出会うビジネスマンたちは、全員が、身だしなみに気を使っています。世界のエリートにとって「清潔感があり、体に合った服を着ること」は、仕事をするうえでの最低限のマナーであり、ビジネスを成功させるための不可欠な要素なのです。

世界のエリートたちからすれば、「仕事はできるけどダサいやつ」というのはありえない。「ダサいやつ=デキないやつ」となるんですね。

次ページ欧米人だって、皆ブラピじゃない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT