30、40代は別名「ジャンプ、ファミコン」世代だ

女子は「りぼん」、憧れのスターは「高橋名人」

「団塊ジュニア世代」を特徴づけるアイテムとしてまず思い浮かぶのは、「ファミコン」と「少年ジャンプ」です。この世代は、「誰もがファミコン、ジャンプに熱中した世代」といっても過言ではないでしょう。

誰もがファミコン、ジャンプに熱中した世代

1:ファミコン――遊びでも「消費」が一般化

団塊世代が子どもだった頃の遊びは、竹や紙でのちゃんばらごっこ、鬼ごっこや缶けりなど、基本的にはほぼ無料の「手づくり」でした。「消費」といえたのは、フラフープやメンコやベーゴマ程度でしょう。

これに対し、団塊ジュニアは遊びの文化でも、「消費の中心プレイヤー」として、市場を築きました。その象徴的な事例のひとつが、任天堂の家庭ゲーム機「ファミリーコンピュータ」です。1983年に発売され、通称「ファミコン」と呼ばれました。

2:「スーパーマリオブラザーズ」「ドラゴンクエスト」――スターは「高橋名人」

「スーパーマリオブラザーズ」(1985年発売)、「ドラゴンクエスト(1986年発売)」などの大ヒットゲームが相次ぎました。また、「高橋名人」というと、ファミコン世代にとっては懐かしいスターではないでしょうか。当時、ハドソンの社員だった彼は、ファミコンのボタンを1秒間に16回押すという16連射を得意とし、一躍、ファミコン名人となりました。

3:『少年ジャンプ』――漫画雑誌の金字塔、最盛期は653万部

漫画のジャンルでもベストセラー、ロングセラーが生まれました。「キン肉マン」「キャプテン翼」「北斗の拳」「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」、いずれも団塊ジュニアにはなじみの深い漫画です。団塊ジュニアが少年期だった1980年代初めごろから、『少年ジャンプ』に掲載され、一世を風靡しました。

その後もジャンプ人気は続き、『SLAM DUNK』が掲載されていた1995年3‐4号の『少年ジャンプ』の公称販売部数は653万部という歴代最高部数を記録しました。そのひとつの理由は、人口の多い団塊ジュニアが少年期を脱してもなお、『少年ジャンプ』を購入していたためとも言われています。

4:『りぼん』『なかよし』『Myojo』――『りぼん』は最盛期255万部

団塊ジュニア男子の「ジャンプ」に対し、女子は『りぼん』『なかよし』文化を盛り上げました。『りぼん』は1994年に、少女漫画史上最高の発行部数255万部を記録しました。

また、芸能雑誌『Myojo』は、光GENJIの大ブレイクを受け、過去最高の売り上げを記録しました。この光GENJIの全盛期をけん引したのは、幼少期から思春期にあった団塊ジュニア女子です。彼らの影響で、全国の小学生たちの間で、ローラースケートも流行しました。

次ページ懐かしの「ビックリマンチョコ」事件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT