【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

 

--今後の採用計画と経営課題について教えてください。

年齢構成を重層的にするために、新卒採用を2~3年以内位に始めたい。採用数は未定だ。セールスアカデミーは、これからも年に1回程度は実施していきたい。継続することによって次の層、その次の層と重層化していく。

経営課題としては、取扱製品を増やすことがある。Cook Medicalの製品は1万5000種あるが、Cook Japanはその3割、4000~5000種位しか取り扱っていない。欧米の病院経験を持つ医師からは「あの製品が欲しい。なぜ取り扱わないのか」と言われるが、従業員数は200名強とまだ少なく、医療機器として承認を得ることを含め体制が不十分だ。優秀な人材を採用し、育成することで、体制を整えていきたい。

幸いなことにCookセールスアカデミーで入社した12名は、非常に積極的に日々の業務に取り組んでおり、確実な成長を見せ始めている。徐々に理想の体制に近づいていくと確信している。

矢込 和彦
Cook Japan株式会社代表取締役。慶応義塾大学経済学部卒。会計事務所、外資系企業日本法人を経て、シールドエアジャパン株式会社に入社。2005 年に代表取締役就任。2009 年に Cook Japan 株式会社に経営管理本部長として着任。2010 年 5 月より現職。

※Cook Japanは「第1回 日本HRチャレンジ大賞奨励賞」を受賞した。

(聞き手:HR総合調査研究所(HRプロ)ライター:佃光博=東洋経済HRオンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT