【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

 

最終的に21 名がアカデミーに入校した。うち4割の8名が女性だ。21名のうち1名は、事情があってアカデミーを辞めている。20名が2カ月のアカデミーを修了し、全員がCook Japanへの入社を希望した。そこで6営業部門のどれを希望するか、また各部門はだれを希望するかというマッチングゲームを行って、面談を実施した。そして部門と当人の希望がマッチした12 名にオファーし、入社となった。

--2カ月のプログラムの内容を教えてください。また費用負担も重く、講師を出す部門の負担も大きそうです。

正確に言えば2カ月ではなく8週間であり、その内容は前半の5週間と後半の3週間に分かれている。5週間は講義主体のプログラムであり、医療機器業界、Cook社の企業理念と企業文化を教え、社内全部門を説明する。そして全体的な営業ノウハウ、医療機器営業について話し、次に営業部門ごとに異なる製品と専門営業スキルを伝える。残りの3週間は実技主体のプログラムで、営業ロールプレイ、現場同行などを行う。

負担はもちろんある。いろんな支出が発生する。日当もあるし、宿泊費もある。参加者21名の半分は通勤可能な関東圏の人だが、残り半分は地方の人なので、期間中はホテルを会社負担で提供した。3週間の実技プログラムでは、首都圏だけでなく、関西圏などにも行ってもらっている。そういう支出を合わせると、1000万円近くになるかもしれない。

社員の負担も大きい。Cookセールスアカデミーを実施した1月時点の従業員数は150名くらいだったが、その3分の2にあたる100名くらいがこのプロジェクトに関係しているはずだ。また海外からも講師を務めるために数名が来日している。

負担は大きいのだが、自分の後輩を教えるのは楽しいものだ。社内活性化効果も大きかった。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT