【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

Cook Japan株式会社の親会社Cook Medicalの設立は1963年と半世紀前に遡る。現在は135の国・地域の拠点に1万名を超える従業員を持つグローバルな医療機器メーカーだ。

しかし、日本でCook Japanを知る人はそう多くはないだろう。設立は2004年と新しく、従業員数200名強の小さな会社だ。扱っている製品はCook Medicalが開発・生産する医療機器。カテーテルと内視鏡関連製品が中心だ。

そんな小さな会社が、とんでもない中途採用の手法を編み出した。一般的な中途採用は、募集、応募、書類審査、面接というプロセスで進む。ところがCook Japanは「Cookセールスアカデミー」への応募を募り、選抜し、2カ月間をかけてアカデミーで医療機器業界、Cookの理念などを徹底させて採用した。こんな採用は、聞いたことも見たこともない。

なぜこんな手間のかかる採用手法を導入したのか? その背景、理由、成果を代表取締役矢込和彦氏に聞いた。

--Cook Japanの「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」が新しい採用手法として評価され、第1回 日本HRチャレンジ大賞の奨励賞に選ばれました。まずCookセールスアカデミーの概要について教えてください。

Cookセールスアカデミーは、今年の1月下旬から3月下旬の2カ月間で実施した採用プログラムだ。インターネット求人サイトで、医療業界を知らない営業経験者を募集した。年齢は24歳から30歳までの第二新卒とした。約800 名の応募者があり、書類選考、集団面接、小論文作成を経てアカデミー参加候補者を確定した。

確定候補者に対して行った、最終選考を兼ねたトレーニングがCookセールスアカデミーだ。アカデミー期間の有期雇用契約を結んで実施した。契約ではアカデミー終了後の採用を保証しないが、期間中の日当や交通費は支払う。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT