【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

【キーマンズ・インタビュー】「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」の意図と成果--矢込和彦・Cook Japan代表取締役に聞く

Cook Japan株式会社の親会社Cook Medicalの設立は1963年と半世紀前に遡る。現在は135の国・地域の拠点に1万名を超える従業員を持つグローバルな医療機器メーカーだ。

しかし、日本でCook Japanを知る人はそう多くはないだろう。設立は2004年と新しく、従業員数200名強の小さな会社だ。扱っている製品はCook Medicalが開発・生産する医療機器。カテーテルと内視鏡関連製品が中心だ。

そんな小さな会社が、とんでもない中途採用の手法を編み出した。一般的な中途採用は、募集、応募、書類審査、面接というプロセスで進む。ところがCook Japanは「Cookセールスアカデミー」への応募を募り、選抜し、2カ月間をかけてアカデミーで医療機器業界、Cookの理念などを徹底させて採用した。こんな採用は、聞いたことも見たこともない。

なぜこんな手間のかかる採用手法を導入したのか? その背景、理由、成果を代表取締役矢込和彦氏に聞いた。

--Cook Japanの「中途採用募集におけるCookセールスアカデミー」が新しい採用手法として評価され、第1回 日本HRチャレンジ大賞の奨励賞に選ばれました。まずCookセールスアカデミーの概要について教えてください。

Cookセールスアカデミーは、今年の1月下旬から3月下旬の2カ月間で実施した採用プログラムだ。インターネット求人サイトで、医療業界を知らない営業経験者を募集した。年齢は24歳から30歳までの第二新卒とした。約800 名の応募者があり、書類選考、集団面接、小論文作成を経てアカデミー参加候補者を確定した。

確定候補者に対して行った、最終選考を兼ねたトレーニングがCookセールスアカデミーだ。アカデミー期間の有期雇用契約を結んで実施した。契約ではアカデミー終了後の採用を保証しないが、期間中の日当や交通費は支払う。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。