日本と世界の「流れ」を読む経済学 伊藤元重著

日本と世界の「流れ」を読む経済学 伊藤元重著

東日本大震災と原発事故、あるいはグローバル経済下での世界同時株安など、日本と世界を取り巻く状況は実に厳しい。そうした中、今後世界はどこへ向かうのかを、経済学者がここ1年ほどのトピックを基に読み説いている。

著者はまず、震災と原発事故が日本経済全体の流れを大きく変える転換点になると予測。復興需要と電力不足による供給不安がどう影響してくるのかを分析する。さらに少子高齢化にどう対応するのか、アジア経済の成長をどう取り込むのかを、今後の大きな問題ととらえている。

日本は、政治も企業も国民も極めて内向きになっているとし、グローバル経済の下では、外へ打って出る勇気を持つことが重要だと説く。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。