日本と世界の「流れ」を読む経済学 伊藤元重著

日本と世界の「流れ」を読む経済学 伊藤元重著

東日本大震災と原発事故、あるいはグローバル経済下での世界同時株安など、日本と世界を取り巻く状況は実に厳しい。そうした中、今後世界はどこへ向かうのかを、経済学者がここ1年ほどのトピックを基に読み説いている。

著者はまず、震災と原発事故が日本経済全体の流れを大きく変える転換点になると予測。復興需要と電力不足による供給不安がどう影響してくるのかを分析する。さらに少子高齢化にどう対応するのか、アジア経済の成長をどう取り込むのかを、今後の大きな問題ととらえている。

日本は、政治も企業も国民も極めて内向きになっているとし、グローバル経済の下では、外へ打って出る勇気を持つことが重要だと説く。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT