政策を先送りすれば選択肢は減っていく--『日本経済史』を書いた杉山伸也氏(慶応義塾大学経済学部教授)に聞く

政策を先送りすれば選択肢は減っていく--『日本経済史』を書いた杉山伸也氏(慶応義塾大学経済学部教授)に聞く

混迷の時代から脱出するには歴史に学ぶことだといわんばかりに、歴史書の刊行が盛んだ。400年を通観する本書は「政策を先送りすればするほど選択肢は減っていく」事実を随所で描き出す。

──参考文献一覧まで入れると600ページ近い大著です。

日本の近代化を準備した近世から,近代を経て現代までのほぼ400年を書いた。逆に日本経済の400年はこんなものかという人もいるかもしれない。

──なぜ江戸時代から。

国として統一された江戸時代から始めないと、今の日本経済は議論できない。江戸時代には開港以降の経済成長の基盤ができていた。しかも、国際収支、財政収支をキーワードとして苦難の連続性が読み取れる。自分の専門は貿易史であり、その視点からストーリーを組み立てるのに、徳川時代にさかのぼらないわけにはいかない。

──徳川時代?

英語の表現でも、徳川時代の長期の安定的な平和の時期についてPax Tokugawaで通用する。江戸時代と言ってしまうと、江戸に関心が向き、しかもどうしても政治的になる。徳川時代の経済は二つの中心があって、江戸は大坂のように物流を集めていない。しかも、大坂は堂島のコメ市場のように先進性も備えている。徳川時代はコメ経済であり、コメを買い上げたり売り出したりして、物価調整をした。今の買いオペ売りオペを先取りしていた。経験から学んだのかわからないが、この平和維持の効果は特筆に値する。

明治時代における主導産業の綿紡績業は、ほとんどが関西を基盤にしていて関東にはめぼしいものはない。関西に近代的な産業を成長させる基盤が、それも徳川時代にできていたのだ。その意味でも、江戸時代という表現では限界がある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT