グリー、「E3大型出展」の狙い

開発会社の参入を促し、多様なゲームを展開へ

開発会社の参入を促し、多様なゲームを展開していく--グリーE3大型出展の狙い

ソーシャルゲーム最大手のグリーは、6月5日から7日に米国ロサンゼルスで開催された、世界最大級のコンピュータゲーム見本市・E3(Electronic Entertainment Expo)に初出展した。家庭用ゲーム機を主体としたゲーム会社が多く出展するE3で、純粋なソーシャルゲーム会社は全201社のうち、グリーのみ。グリーがE3への出展を決めた狙いはどこにあるのか。グローバルPRチームの責任者である、露崎俊一郎氏に聞いた。

--初出展の狙いは。

5月23日に、SNS「GREE」と昨年4月に買収したOpenFeint社のスマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームを統一し、世界共通の「GREE Platform」を開始した。だが、現在、「GREE Platform」で展開しているゲームタイトルはまだ5、6タイトルのみ。

年末には外部の開発会社(SAP=ソーシャル・アプリケーション・プロバイダー)が提供するタイトルを含め、50~60タイトルに引き上げたいと考えている。今回の出展は、米国でグリーの知名度を上げ、SAPに「GREE Platform」への提供を促す狙いがある。実際に商談の引き合いも多く、出展の手応えを感じている。


■露崎俊一郎氏

 

--出展しているタイトルの本数や中身は。

全部で25タイトルを展示しており、そのうち内製タイトルが13、SAPのタイトルが12ある。内製タイトルの中には、日本で知名度の高い「探検ドリランド」(米国では6月から「Driland」としてリリース、タイトル横写真)や「海賊王国コロンブス」の英語版が含まれている。

日本では現在2000タイトル近く提供しており、9割以上がSAPのタイトルだ。そのため日本と同様、SAPのタイトル数を増やすことが、海外で収益を上げるための非常に重要なポイントだと考えている。

 

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。