10年振りに改訂する「新TOEIC」攻略のツボ

今までのテクニックではもう解けない

「自然な英語」「全体への理解」の特徴は、リスニングだけでなくリーディングの問題にも表われている。

3つの文章の組み合わせ

リーディングのパート6(長文穴埋め問題)では、従来の単語や句だけでなく、ひとつの文を空欄に埋める設問が追加される。またパート7(読解問題)でも新たに、設問に掲載された一文が、文章のどこに入るかを問う問題が登場する。これらは前後の単語や句の文法を見ても解けず、「全体への理解」が必要となる問題だ。

画像を拡大
2人がメールで相談している内容と、添付資料。理解していないと答えは導き出せない

「全体への理解」が必要となるのは、パート7の以下のような問題でも同様だ。

この問題には上からメール、表、メールの3つの文章が掲載されている。2通のメールはトムとピーターソンの2人が、どのホテルを予約するか相談している内容。トムがピーターソンに宛てたメールに、各ホテルの条件を記した真ん中の表も添付されている。

これまでのTOEICでは、2つの文書を読んで答える問題はあった。しかし、このように3つの文書を読んで答える問題は初めて導入される。上記の問い「来週金曜日には何が起こるか?」の正解は(C) 。3つの文書「全体」を理解しなければ解きにくい問題だ。

次ページスマートフォンの普及など、時代に合わせた設問も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT