10年振りに改訂する「新TOEIC」攻略のツボ

今までのテクニックではもう解けない

リスニングのパート4(説明文問題)でも3(会話問題)同様に、口語でよく登場する「Umm」といった感情を表す間投詞が登場し、話の文脈からそれらの意図を問う設問が出される。

会話「全体」の内容を理解しないと解けない

さらにパート3、4では、下記のような視覚情報(図やグラフ)が紙に書かれた設問も新たに登場する。以下ではパート4の想定問題を掲載する。

画像を拡大
会話と図などを関連づける設問

これは、会話と視覚情報(図など)を関連づける設問だ。上の問いでは、西洋建築の権威であるミルトン教授を招待し、紹介する文章の後に、授業計画の表が掲載されている。

問いは「生徒たちはどこで、ミルトン教授と話すことができるか?」というもの。説明文では「ディスカッション・フォーラムで会話できる」と言及されていることから、(D)が正解になる。これも断片的な単語だけが聞き取れても、会話「全体」の内容に理解が追いつかないと、解けない問題と言えよう。

次ページ文書と図、全体を理解する必要がある設問
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT