10年振りに改訂する「新TOEIC」攻略のツボ

今までのテクニックではもう解けない

最後に新TOEICのパート7(読解問題)では、以下のようなインターネットのチャットやメールの文章も登場する。これはスマートフォンの普及など時代の要請に応えたものといえる。

チャットやメールも追加

画像を拡大
今の時代に合わせた、チャットのやりとり

それぞれの文章は短く、内容も容易だが、これまでのTOEICにはまったくなかった問題であり、受験者は慣れるために対策が必要だろう。ちなみに正解は(C)である。

こうしたチャットやメール文も、いわば「自然な英語」のひとつである。受験者にとっては新たな対策を求められる点で負担も増えるが、日頃使われる英語力の向上につながるのだから、けっして悪い話ではないだろう。

前述の山内氏は、TOEICを英語力評価のために導入している企業や学校に対しても、「これまでは形式的に導入していたとしても、新TOEICはより本当の英語力の判断に適したテストと認識して使ってほしい」と話す。

日本人に必要な小手先ではない“本物の英語力”。新TOEICはその突破口となれるだろうか。

(取材協力:Sapiens Sapiens Inc

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT