10年振りに改訂する「新TOEIC」攻略のツボ

今までのテクニックではもう解けない

リスニングとリーディングそれぞれの主な変更点は以下のとおりだ。

肝は「自然な英語」と「全体への理解」

それでは山内氏が作成した想定問答を見ていこう。まずリスニングのパート3(会話問題)。従来と新テストの違いの一例は、以下のとおりだ(赤字が特に変更される部分)。

画像を拡大
会話問題。より自然な英会話に

従来のテストでは、ひとりあたりの会話が長いが、「日常ではひとりが一方的にそんなに長い文章を話すことはない」(山内氏)。新テストでは、相づちを打ちながら、細かい話のやりとりをするなど、より自然な英会話に近づく。

一方、設問も従来のものに、以下のAfterのような問いが加わる。

画像を拡大
会話文には明示されない話し手の意図を推し量る必要がある

「Oh yah?」は驚きや賛成、疑問などさまざまな感情を表す際に使われる。従来のように断片的な単語だけを聞き取っても解答はできず、前後の文脈や場の空気を踏まえ、会話文には明示されない話し手の意図を推し量る必要がある。「会話全体の内容を理解しないと解けない問題」(山内氏)である。

以上のように、新TOEICの肝は「自然な英語」かつ「全体への理解」の2つである。形式的な“あまり使えない”英語から、会話全体を踏まえてメッセージをやりとりする“使える英語”への進化を、TOEICは狙っているのだ。

次ページ図やグラフが新登場
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT