グーグルCEOは社員6万人の声を聞いている

階層を飛び越えた繋がりが透明性を生む

自分が外されてしまった場合に、中間マネージャーは不安で仕方がなくなります。そこで、あなたの知らないところで話が進んでいくわけではないんだよ、という具合に安心させる必要があります。自分が外されたわけではないと思えれば、実は直訴されても、心配しないはずなのです。

具体的には、EメールのCCにそのマネージャーを入れてしまえばいいわけです。たとえば従業員からラリーに対するメールの中に「ラズロのやり方には問題がある」という意見があったとしましょう。それに対するラリーからの返信には、CCにラズロを入れればいいわけです。こうすれば、問題解決を図る中で巻き込んでしまうことができます。

人としての誠実さは教育できるものではない

――東芝の不正会計問題を御存じでしょうか。フォルクスワーゲンの排ガスデータ不正操作問題もありました。こうしたことを防ぐためにグーグルでは何をしていますか。

いくつかグーグルでも気をつけていることがあります。決して完璧な会社であるとは考えていないので、まだまだ直していかなくてはいけないこともたくさんあると考えていますが。

そのうちの一つは、社員が何か懸念を抱いた場合には、それを伝えることができるチャネルを複数設けておくということです。コンプライアンス部門がありますし、人事部門があります。それから、実は外部の電話番号とか、あるいはEメールアドレスとかがあって、外にそれを相談することができて、そこからスクリーニングしたその結果が社内に伝えられるということもあります。それと、グーグラー(社員)の中にもボランティアがいて、相談を受け付ける人たちがいるんです。私のチームにもいますけれども。複数のチャネルを設けておくことによって、組織の風通しを良くする効果を期待しています。

あと、実際になんらかの失敗をしてしまった場合には、例えば病院で何か医療事故が起こった場合には、必ず何が起こったか、事後検証が行なわれますよね。それと同じように私たちも、ポストモーテム(死後の解剖、事後検証)を行ないます。そうすることによって、間違いを犯してしまったとしても、きっちりとその原因を検証し、同じ間違いを1度きりにすることを目指します。

間違いというのは二つのカテゴリーがあって。一つ目は、誰かが本当に失敗をした、いう場合です。その場合、その人は大失敗をしたということが分かっているので、それを直すことができると思います。ただ、もう一つは、インテグリティ(誠実さ)の部分です、人格的な部分に原因があって間違いや失敗が起こってしまったときには、解雇するしかなくなる場合があります。もう子供ではなく、大人なのです。人の誠実さは、大人になってから教えられるものではないと思います。

次ページなぜ複数の窓口を置くのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT