グーグル内部には「苦い砂」が入っている

ラズロ・ボック人事担当上級副社長に聞く

グーグルの人事部門は、いったい何がすごいのか。ラズロ・ボック氏はその奥義を語ってくれた(写真:AP/アフロ)
社員数6万人にまで拡大したグーグルは、成長企業としてのラディカルな文化を保とうと人事制度で多くの工夫を重ねている。その内実を克明に記した『WORK RULES!』を書いた人事担当のラズロ・ボック上級副社長に話を聞いた。2日連続でインタビューの模様をお届けする。

 

――『ワーク・ルールズ!』を読んで最初に感じたのは、「グーグルのことをこんなに書いちゃっていいの?」ということです。書くこと、書かないことをどう線引きしましたか。

「競合他社が全部まねしたらどうするんだ?」

書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

実は、ラリー(・ペイジ)も同じことを心配していました。この本を書くことを相談したときに、「そんなにグーグルの秘密を公開してしまって、競合他社が全部まねしたらどうするんだ?」というふうに聞かれたのです。

そのとき、私は2つのことを答えました。まず、1つが「全部をコピーすることは、まずできないだろう」ということを言いました。彼も「それはそのとおりだ」というふうに言ったんです。おそらく、この本を読んだほとんどの企業がどこか一部だけをまねすると思うのです。例えば、採用に問題のあるところはそこだけを。報酬制度に問題を抱えているところは、報酬制度だけをまねする、ということです。

これが2つめになるのですが、企業が少しずつでも、ここに書かれたことをやっていけば、全体としてみて、多くの職場が良いものになっていく。そうしたことに貢献できるのであれば、リスクをとってでもやる価値がある、という話をしました。

次ページ何を書かなかったのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。