グーグル内部には「苦い砂」が入っている

ラズロ・ボック人事担当上級副社長に聞く

ですから、特定の企業をお手本あるいは反面教師にするというよりは、業界全体を眺めて決断をしてきました。つまり、特定の1つのエリアで何かを構築し、それを使い、それを更新する、ということだけを見ていると、気が付かないうちに競合に追い抜かれていることがある。そんなことが起こらないように気をつけてきたわけです。

――優秀な頭脳を採用するということに、グーグルは相当なエネルギーを掛けている。それが成長の源泉でもあり、当然だと思います。ただし、マイクロソフトも一時期はMSR(マイクロソフト研究所)などに優秀な研究者が集まっていました。これをどう思いますか。

「マイクロソフトが一時的にそのような立場にあったことをどう見ればいいのか」という質問ですね。

――グーグルが繰り返す恐れはないのか、ということを聞きたいのです。

これは、たぶん私だけではなく、誰もが心配していることでしょう。今の成功が、ある日、目を覚ましたらもうなくなっているんじゃないか、という心配は、グーグルの社員の誰にでもあると思います。

グーグルの製品テクノロジーの代表である検索は、1クリックするだけで、一蹴のうちにほかの検索エンジンに移行することができる。スイッチするということに対するバリアがほとんどないわけです。いかに今のユーザーのことを見ても、データを分析しても、一気にスイッチが進んでしまう恐れが全くなくなるということはありません。文化の面でも危険性があります。企業が大きくなると、小さかった時とは、どうしても違ってきてしまう。心配は、いろいろとあります。

おいしい牡蠣の中には砂がある

ただ、ほかのテクノロジー系の会社と、私たちが違うところがあるとすれば、それは恐らく誰も、今のままではダメだと思っていることです。もっと良くなるはずだといつも考えており、ここまで来たからといっても、「勝ったぞ」と言って、勝利宣言をする気持ちを誰も持っていません。

もちろん、常に改善するべき点を探し続けるのはフラストレーションになります。おいしい牡蠣の中に砂があるようなものです。砂があることによって、企業が大きくなったとしても、改善への意識を忘れずに済む。そのあたりが恐らくほかの企業との違いだと思います。

後編は15日(日)に配信します。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。