グーグルCEOは社員6万人の声を聞いている

階層を飛び越えた繋がりが透明性を生む

誠実性について話をするときに、「何が悪いことか」という視点も重要ですが、その逆に「何が良いことか」という視点もあります。例えば、グーグルにとってみれば、よき企業市民であることは、非常に良いことです。そうしたことも併せて会話をしていくべきだと思います。

私が入社したころ、グーグルはパートナー企業のウェブサイトで広告を提供する事業をやっていました。広告で得られた収入のほとんどが新聞や雑誌などのパートナー企業にいく。グーグルの取り分はものすごく少なかった。ただ、でもそれでもやるべきだとグーグルが考えていたのは、これはパートナーシップでやっているのだし、しかもこれを続けていくことによって、エコシステム全体が大きくなれば、誰もがそこから利益を享受できるようになり、全ての人が最終的には少しずつハッピーになっていくという考え方をしていました。

その当時、CEOが常に言っていたことも、「これはセールスにおけるパートナーシップなんだ」という言葉でした。たとえ競合にサービスを提供することで、その会社が良い会社になっていくということさえ、グーグルは良いこと、正しいことと考えてきました。自分たちが勝つためには負ける企業が必要、という考え方をしてはいないということです。競合他社を支援することによって、例えば相手は20%良くなったのに、グーグルは10%しか良くならなかったというようなことがあっても、それはもう甘んじて受け入れるのがグーグルの考え方です。次回はもうちょっと良くすればいいわけです。成長のマインドセットということで、こうした考え方が浸透しているように思います。

コンプライアンスという言葉で表現されるのは、縛らなくてはいけない側の誠実さだと思います。それに対し、もっとポジティブに考える誠実さもあるように思います。

仕事は会社のためにするものではない

――100万ドルの着服は、誰が考えても悪いことです。しかし、フォルクスワーゲンがデータをちょっと改変したことによって、多くの車を売って、というようなことは、個人的な利益のためにやったわけではないでしょう。会社のためになると思ってやってしまうのだと思います。「会社の業績を良くするためにやる不正」にはどう対処していますか。

グーグルでは、「失敗を責めることはしない」と常に言い続けています。OKR(Objective and Key Result)という形で社員がそれぞれ目標を立てますが、目標の達成度は60%、70%でかまわないのです。失敗を責めるどころか褒めるのは、失敗しないということは頑張っていないから、と考えるためです。

人は失敗することによって初めて学べるのです。そんな雰囲気を作るようにしています。

失敗をすれば会社に迷惑をかけたと考えて、「ああ、やっちゃった。CEOにこれで叱られて失職してしまうかもしれない」と考えるのが普通の会社でしょう。しかし、グーグルでは失敗を恐れないようにしてほしい、と社員をエンカレッジしているわけです。

(CEOの)サンダー(・ピチャイ)と業績管理の話をしたときに、「仕事を社員が楽しんでいないのであればダメだということだよ」というふうに言われたのを覚えています。「失敗してもいい」という考え方は「自分が楽しんでやれることはやりなさい」というメッセージであり、逆に、「乗り気ではないけれども、会社のためにやります」という言い方はさせないということでもあります。

もし会社のためにするにしても、それは正しいことでなければいけないし、自分が楽しみながらやれる仕事でなければいけません。そのあたりの考え方は、社員に浸透していると思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT