36%--日本が最もクリエーティブな国であると見ている人々の割合《気になる数字》

米アドビシステムズ社が米英独仏日の5カ国で実施した調査によると、「最もクリエーティブな国」として日本を挙げた人が36%で最も多いことがわかった。2位である米国の26%を10ポイント上回っている。この「クリエーティビティ(創造性)に関する意識調査」は2012年3~4月に各国1000人、合計5000人の18歳以上を対象に行われたもの。

日本を最もクリエーティブであると考える人の割合は、英国、ドイツがそれぞれ40%、フランスが37%で、欧州勢の評価が高い。米国は自国を最もクリエーティブであると考えているが、これに続くのが日本だった。一方、日本人が最もクリエーティブな国と考えているのは米国で39%。自身は26%にとどまり、調査5カ国中最も低かった。

同様に、最もクリエーティブな都市を尋ねた質問では東京が1位となった。東京は、日本以外の4カ国でトップだったのに対し、日本ではニューヨークに次ぐ2位。また、自らを「クリエーティブである」と選択した人の割合(複数回答)はトップの米国が52%だったのに対し、日本は19%と3倍近い開きがあった。

各国とも76~85%の回答者が、クリエーティビティが経済成長促進のカギであると認識している。デフレや競争力低下など経済低迷が話題となりがちだが、海外の日本に対する評価は、われわれが考えている以上にまだ高いようだ。

(データ事業局「気になる数字」調査班 =週刊東洋経済2012年6月2日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT