希望部署に配属されなかったらするべきこと

会社の都合を受け入れてはいけない

結局のところ仕事におけるゴールの設定の仕方というのは、自分次第なわけです。だから、最初のうちから高いゴールを設定したり、結果にコミットするクセをつけたり、「仕事をするうえでの自分にとっての常識」を身に付けることが大切なのです。そして高いゴールの設定をできるようにするためには、自分が楽しめる仕事をすることが近道なわけです。

周辺のアドバイスを聞く必要はない

世の中には何歳になっても、やりたいことが見つからないと嘆く人が多くいるわけですから、学生の頃からやりたいことがあるのはすばらしく幸運です。であるからこそ、その自分が考えるやりたいことに向かって、どんな手を使ってでも近づく努力をしてください。

若い今だからこそ、方針転換も容易です。「新卒2年目だから我慢しろ」などと言う人もいるでしょうが、気にする必要はありません。そんなことよりもいちばん成長できる今という時間をロスすることをおそれましょう。

私自身もH.Y.さんの年齢の頃は、たとえ3時間であったとしても寝るという行為にすら、この時間にほかに成長している人がいるのではないかと不安感を覚えていたものです。これが10年後とかに「やっぱりあの時の夢を……」なんて言っても、手遅れの状態である可能性のほうが高いわけです。

ちなみに私は新卒でベンチャー企業に飛び込むという当時は珍しい道を選択したわけですが、その際にも40~50代の疲れたサラリーマンからは一様に「失敗したら後がないぞ。だからみんなやらないんだ」「夢と気合だけじゃダメなんだよ。世間知らずだな」「これだから若いのは」など、数多くのネガティブなコメントをもらいました。

生き生きとしていない人たちからそういったアドバイスをもらったので、逆に「これはいける!」と思ったのもあるのですが、キャリアや人生においてはどんな選択肢でも「絶対」はないわけです。つまりどんな選択肢でもリスクがないなんてことはないのです。

であれば、自分が喜んで取れるリスクを取りましょう。周りはいろいろ言うかもしれませんが、自分にあったリスクを取り成長をすることこそが、自分の人生を生きる、ということなのではないでしょうか。H.Y.さんがご自身の人生を生きる第一歩を踏み出されることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。