40年前のSF映画が描いた近未来への警鐘

傑作・名作は時間が経っても色褪せない

今回の特選『華氏451』
『華氏451』(1966年/フランス・イギリス/112分)

SFの抒情詩人レイ・ブラッドベリ原作、フランスの巨匠トリュフォー監督が撮った本作は、SF映画史上に残る大傑作だと思う。ただし監督自身は本作を、お気に召してはいないよう。なにせ彼はSFが大嫌いだと公言していたくらいなのだ。あるインタビューでは、「特に“宇宙もの”とか機械やロボットの出てくるものには生理的な嫌悪感を覚える」とまで語っていた。だから本作ではいかにも“SF的な要素”がほとんど排除されている。トリフォーがここで描きたかったのは、書物に対する限りなき慈しみにあふれた人間ドラマなのだ。華氏451とは、本(紙)が燃え上がる温度のこと。
 徹底した思想管理体制が布かれた近未来では、書籍の所有が禁じられていた。モンターグは反体制の人々が隠し持つ書物を見つけ出し、焼却することを任務とするファイアマン(消防士の逆=焚書官!)。何の疑問ももたず、任務を遂行するモンターグだったが、ある日「昔ファイアマンの役目は書物を焼くことではなく、火を消すことだったって本当?」などと無遠慮な問いかけをしてきたクラリスという不思議な女性と出会い、やがて書物の素晴らしき世界に目覚めるのだったが……。

本作は(実は英語がまったく話せなかった)トリュフォーにとって、初の英語圏製作であり、撮影も英国の撮影所とロンドン近郊で行われたことから、俳優&スタッフとのコミュニケーション不足の問題など、トラブル続出だったらしい。しかし、心に余韻を残す感動的なラストシーンを始め、多くの映画ファンにとって生涯忘れることのできない名作であることは確かだ。公開当時、初めてこの映画を観て、自分も“Bookman”(本作を観れば意味は解る!)になりたいとマジであこがれたのが懐かしい。

(文:たかみ ひろし/音楽・映像プロデューサー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT