(第44回)重要なのは利益率、量的拡大ではない

(第44回)重要なのは利益率、量的拡大ではない

中国における自動車市場の成長は著しい。中国の自動車生産は1996年には世界第11位だったが、2001年頃から急速に成長を始め、現在では世界第1位である。経済危機後、アメリカの自動車需要が落ち込む反面で、中国政府は景気刺激策として地方部での自動車購入を支援した。この結果、中国は世界最大の自動車市場となった。中国の自動車普及率は先進国に比べるとまだ低いことから、今後も所得の増大に伴ってモータリゼーションが進展し、自動車市場が成長することは疑いない。

国内における自動車需要の飽和に直面し、これまでアメリカへの自動車輸出を中心として生産を拡大してきた日本の自動車メーカーがこれに反応しないはずはない。「これからは中国」の掛け声の下、中国市場に殺到している。いや、殺到しているのは日本のメーカーだけではない。世界のメーカーが殺到している。

では、中国市場は、自動車メーカーの救いの神となるのだろうか?

まず、当然のことながら、中国で販売される車は、日本からの輸出でなく、中国で生産されたものである。したがって、いくら中国での販売が成長しても、それによって日本国内の生産が増加するわけではない。したがって、日本の雇用を直接増やすわけではない。

最大のポイントは、中国での自動車事業が利益を上げられるかどうかである。

アメリカ市場と中国市場の違い

この問題を考えるには、中国市場への進出がアメリカ市場への進出と異なることに注意する必要がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT