(第44回)重要なのは利益率、量的拡大ではない

中国事業は規模が大きいから、利益の額は大きくなる。だから、「利益の多くが中国事業から得られる」ということになる。そして、中国事業が社内的に重視されて経営資源が投入される。

しかし、利益率の低い事業に経営資源を投入することが、企業の長期的な発展にとって望ましいことかどうかは、大いに疑問だ。「バスに乗り遅れるな」と中国事業展開を急ぐ前に、立ち止まっていま一度考え直す必要があるだろう。

自動車における中国ビジネスについて以上論じた諸点は、他の分野の中国市場進出にも当てはまる場合が多い。だから、自動車産業の中国展開は、他の産業の中国展開を考える際に、重要な参考となるだろう。

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。(写真:尾形文繁)

(週刊東洋経済2012年4月21日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。