(第44回)重要なのは利益率、量的拡大ではない

自動車の中国進出は、日本企業のこれまでの中国進出とも異なる。これまでは、中国で生産したものを先進国で売るビジネスだ。船井電機やユニクロのビジネスがその典型である。中国での賃金水準が低いことから、こうしたビジネスが利益を上げられるのは当然だ。

しかし、自動車の場合には、中国で作って中国で売るビジネスだ。中国の賃金の低さは、販売価格が高くなりえないことで帳消しにされる。

激烈な競争環境で利益率は低下する

中国市場の規模や中国経済の成長率の高さを考えれば、生産・販売面で量的に拡大できることは当然である。問題は、利益を確保できるかどうかである。

表は、中国における主要合弁乗用車メーカーの05年の売上高利益率を示す。多くの企業で2~3%程度だ。リーマンショック前、日本の自動車メーカーは、安定して6~7%の営業利益率を上げてきた。これと比べると、中国の自動車ビジネスの利益率はいかにも低い。国内製造業の平均と比べても、かなり低い(05年度における製造業の売上高経常利益率は、全体では5・0%、資本金10億円以上では6・2%である)。

もっとも、企業によっては、中国事業の売上高利益率が高いところもある。例えば、広州本田は10%を超える売上高利益率を上げている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。