「何のために」スポーツをするのかが重要だ

「何となく」やっていては成果は出ない

高校時代から絶対的な権威者(監督)がいて、その言葉を忠実に守ることが当たり前だと思っているのが、その理由だ。だから、大学でも与えられた練習メニューを何となくこなして、なぜその内容なのか、特に疑問を持たない。筆者はなぜこの練習を今、行うのか。そんなことを自分なりにずっと考えてきた。当時の監督も、なぜこの練習が必要なのかを説明しない。やれば強くなるんだよ、という考えの下でチームを指導していたように思う。

エディーHCの言う「規律を守らせるため、従順にさせるためだけの練習」が中心だったのだ。筆者はスポーツライターになり、さまざまなチームや選手を取材してきたが、現在も「規律を守らせるための練習」をしているチームはたくさんある。

怒られないようにやるという競技観

佐久長聖高校の教員時代に佐藤悠基(日清食品グループ)、大迫傑(NikeORPJT)らを育てた東海大学・両角速駅伝監督も、高校から大学の監督に転身して、選手たちの“受け身”の姿勢に驚いたという。

「どんな競技にも言えることですが、スポーツを怒られながらやるというのは、日本独特の風土じゃないかなという気がします。必要以上に怒る指導者もいるので、監督やコーチの顔色をうかがいながらやる子が多く、怒られないようにやることが競技観になっている選手がいるんです。小学生が先生に怒られるから掃除をちゃんとやろう、みたいな。本来、掃除は先生に怒られるからやるものではありませんよね。

大学でも指導者の顔色をうかがっている選手がいて、特に名門校の卒業生に多い印象です。それで、怒られないことがわかると、どう頑張ったらいいのかわからなくなってしまうんですよ」

中学、高校、大学と「勉強する」意味を理解しないまま、なんとなく勉強して大学を卒業してしまっている人は非常に多い。それはスポーツも同じで、筆者は常々もったいないと思っていた。

筆者は怒られながらスポーツをしてきたわけではないが、強豪校(主に高校)では、かなり厳しい指導をする監督も少なくない。中には暴力事件にまで発展するケースもある。それは指導者が選手たちを「徹底管理」しようとする姿だ。

何しろ、試合に出られるかどうかは監督の判断で決まる。実力があっても言うことを聞かない選手を外すこともできるため、選手たちは監督へ従順にならざるをえない。それは、「うまくなる」「強くなる」「速くなる」という、本来、伸ばすべきスポーツ能力とはまったく別次元の“能力”だ。その結果「イエスマン」を生み出しているように思う。

また、運動部で全国的な活躍ができたとしても、スポーツを「仕事」にすることは難しい。たとえば、野球がうまくて甲子園で活躍したとしても、プロ野球選手として長くプレーできる選手はごくごくわずかだ。それどころか高校時代、野球部で青春を費やしたとしても、大半のチームは「甲子園」という夢を実現できずに終わってしまう。

では、学生時代にスポーツをする意味は何だろうか?

次ページでは筆者はなぜスポーツをするのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT