北京世界陸上「日本惨敗」の責任問題を考える

このままでは2020年東京五輪も危うい

世界陸上北京に出場したサニブラウン・アブデル・ハキーム選手(写真:アフロ)

9月13日11時10分追記:初出時に「メダル0」との記載がありましたが「メダル1」の誤りでした。訂正をしてお詫びします。

2020年、東京にオリンピックがやってくる。開幕式は7月24日。すでに残り5年を切ったことになるが、いくつもの”問題点”が露呈している。

代表的なのは、「新国立競技場の建設」と「公式エンブレム」だろう。そこに、新たな課題を挙げたい。それはオリンピックの“花形種目”である陸上競技の強化スタイルだ。筆者は8月後半に行われた北京世界陸上を現地で取材して、「このままでは東京五輪は危ういぞ」と本気で感じた。

今大会、日本陸上競技連盟が定めた目標は「メダル2、入賞6」というもの。実際はどうだったかというと、「メダル1、入賞2」。誰の目からみても「惨敗」と言わざるをえないだろう。

入賞2は第2回の1987年ローマ大会(入賞1)に並ぶ低水準で、この状況で来年にはリオ五輪を、5年後には東京五輪を迎えることになる。

惨敗にも関わらず、誰も責任を問われていない

それでも、TBSが放映した『世界陸上北京』はまずまずの視聴率だった。16歳のサニブラウン・アブデル・ハキーム(城西大学附属城西高校)など日本勢トリオが男子200m準決勝に出場した大会5日目(8月26日)の夜の平均視聴率は20%近くと高い水準だった。大会最終日(8月30日)の女子マラソンも同様で、伊藤舞(大塚製薬)が7番目で競技場に入ってくるシーンは、瞬間最高視聴率を記録している。

今大会、メダルを2つ以上獲得した国は20カ国。日本勢の戦いをサッカーのW杯に例えるなら、「ベスト16」を目標に掲げながら、予選グループリーグで、「最初の2試合を力負け」して敗退したのと同じ感じだと思う
。任期が残っていたとしても、代表監督の辞任は必至な状況だ。

しかし、陸上日本代表の結果に対して、厳しい声はあまり出てこない。なぜだろうか?

次ページ筆者が感じた「絶望」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT