新型iPadが登場! サンフランシスコの発表会場で感想を聞いてみた

パトリシア(30代後半)という女性は「コンピュータには詳しくないけれど、デザインがいいので、アップル製品は気に入っている。新しいiPadも買うわ。ときどき、どの機械を使ったらいいか、分からなくなることもあるけど」。
 
 会場前を横切った10代のグループに新型iPadの感想を聞いた。そのグループの中のヒラリーは「技術は進化し、だんだん安くなっていくから、今すぐ新型iPadは買わない」。



 同じく20代のラリーも「さらに高性能になって、99ドルぐらいになったら買うかもね。今のところは携帯電話で充分」との弁。
 
 TVカメラマンのスティーブン(20代後半)も「アンドロイドスマートフォーンを持っているから、買わない」。

サンフランシスコのアップルストアにも足を運んで聞いてみた。「iPad2を持っているけど、ゲームのコンソールにも使えるんだってね。iPad2を競売サイトのイーベイで売って、新しいiPadを買おうと思っている」とアレックス(10代)。彼のようにアイフォーンで最新情報を追っかけていたアップル通はいたものの、今日、新型iPadが発表されたことを知らない人も、案外少なくなかった。

一般利用者に筆者がインタビューした限りでは、若い世代の方が、新しいiPadに対し冷静のように感じられた。
 
 一方、ビジネスでハイテク機器を利用する企業のエグゼクティブは新型iPadをどう思っているだろうか。「何も魅力を感じるものはない。買わないと思うね」と半導体企業の重役、マーク(50代)。「仕事で技術トレンドを知る必要があるから、会社の費用で買う」というのはIT企業マネージャーのスザンヌ(40代)。

会場周辺にいたのは、ジャーナリストや近隣からのアメリカ人だけでなく、イタリアからシリコンバレーに研修で来た19歳のプログラマー、ドイツから21歳のゲーマー、ショッピングにやってきたロシア人女性、韓国人エンジニア、中国からの観光客と国際的。もちろん、アップルファンとおぼしき日本人の姿もあった。
 
 メディアやブログにも「すばらしい!」「期待はずれ」とさまざまな感想があふれている。いずれにしても注目度は抜群の新型iPad。最初の発売日となる来週の金曜日には、アップルストアやベストバイなどでまた、新しいiPadを求める人々(とメディア)の行列ができるかもしれない。
(Ayako Jacobsson =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。