あのブルース・ウィリスは、まだまだ健在だ

この秋見ておきたいアクション映画を大紹介

DVDやブルーレイで見ておきたいアクション映画を紹介します!(写真:Graphs / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。
音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回は“アクション映画”特集だ。

 

アクションスターも世代交代が進んでいるが、今回紹介する映画では、まだまだ頑張るブルース・ウィリス&リーアム・ニーソン、5代目ジェームズ・ボンド=ピアース・ブロスナン、そして一回り下の世代であるジェイソン・ステイサム等々、ベテラン俳優陣が健在である。

主演を支える名助演俳優

ところで、どんな有名俳優を主演に据えたとしても、優れた助演俳優の存在こそが、実はその映画のカギを握ることはご存じのとおり。オスカー俳優フォレスト・ウィテカーなどは、その代表的な存在と言えるだろう。「96時間/レクイエム」と「ケープタウン」での彼の名演が、映画の展開に厚みを持たせ、その貢献度は大きい。「コードネーム:プリンス」のジョン・キューザックもまた貴重な個性派俳優だ。主演作も多いが本作のような助演でも味のよさは変わらない。

さて今回のイチオシだが、候補は「96時間/レクイエム」「ケープタウン」「スパイ・レジェンド」。映画の完成度からすれば、内容の濃い、シナリオの優れた「ケープタウン」だろうか。アクションの面白さ、後味のよさでは、裏007みたいな構成の「スパイレジェンド」。シリーズ最終作「96時間/レクイエム」は、正直前2作の方が完成度としては上だろうけど、シリーズとしてよくできているので、あえて今回のアワーズに選定した。

アクション映画はSFと違って、難しいこと抜きでハラハラドキドキ楽しめるのがいい。自分自身、久々にアクション作をまとめて鑑賞し、大いに楽しめた。今回の6本は、レンタルして観る分には、どれも充分満足できるだろうオススメ・シネマだ。また、アクション作は、ぜひとも迫力&画質満点のブルーレイで鑑賞して欲しい!

次ページまず、おすすめ作品をご紹介!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT