倒産したエルピーダ、再建の支援先探しは難航必至

年末年始以降、米DRAM大手マイクロン・テクノロジーや東芝などとの提携、経済産業省による再編シナリオが取りざたされたのもこのためだ。「この数カ月は金策のためだけに出社しているような状況だった」(坂本社長)。

銀行側も借り換えについて、日本政策投資銀行を通じた従来の支援スキームが実質的に維持されることなど複数の前提条件を提示。12月上旬には、公的支援に伴い協調融資を行った取引先4行(メガ3行と住友信託)が連名でエルピーダに書面を付している。しかし、再建案の軸となる提携交渉は進展せず、時間だけが過ぎていく。万策尽きたエルピーダは、4月の返済を前に倒産の道を選んだ。

逃げを打った経産省

問題は今後、再生を支援するスポンサー企業が現れるかどうか、だ。債権者説明会では申立代理人弁護士から「具体名は出せないが候補は何社かある」との説明がなされた。が、足元のDRAM業界で黒字を出せているのは、シェア45%を握る圧倒的王者、韓国サムスン電子だけ。09年には当時業界5位だった独キマンダが政府支援の合意を取り付けながらも結局は破綻。再生には相当な力業が必要なことだけは間違いない。

そもそもエルピーダはNEC、日立製作所、三菱電機がお荷物のDRAMを切り離すために作られたような会社だ。支援先として取りざたされる東芝も10年前にDRAMから撤退しNANDに転換。世界を見渡してもDRAM撤退は80年代半ば以降続く大きな流れだ。そんなDRAMをコスト高の日本で作るとなれば、なおさら分が悪い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。