2013年度新卒採用動向調査【12月下旬現在】 その1--2カ月遅れ影響やプレエントリー数の変化は?

2013年度新卒採用動向調査【12月下旬現在】 その1--2カ月遅れ影響やプレエントリー数の変化は?

 

HR総合調査研究所

HRプロは、2011年12月16日から28日にかけて、上場・未上場企業の採用担当者を対象にした13年度新卒採用の動向調査を実施し、457社から回答を得た。また本調査と同時期に、口コミ就職サイト「みんなの就職活動日記」(楽天)と共同で、12月19日から30日にかけて学生側の就職活動状況のアンケート調査を実施している。2つの調査結果について2回に分けて報告する。

今回は、採用広報が2カ月遅れたことに対する企業・学生の意見や、インターンシップ、採用計画数の増減、12月下旬時点でのプレエントリー数の対前年変化などを取り上げる。

●採用広報開始時期の変更には意見が割れる企業

日本経団連による倫理憲章の改定により、企業の採用広報開始がこれまでの10月から12月へと2カ月遅れたことに対して、企業と学生はそれぞれどう受け止めているのだろうか。

まずは企業側から見てみよう。

最も多かったのは「どちらともいえない」の39%で、「ちょうどよい」「もっと遅くすべきだ」「昨年通り(10月)が良かった」という意見はそれぞれが16~18%と、ほぼ同数に意見が割れる結果となった。10月1日より「もっと早めるべき」との意見はすべての企業規模でゼロだった。企業規模別に見てみると、「昨年通り」を支持するのは大手企業に多く、「遅くすべきだ」という声は中小企業に多い。

それぞれの理由を見てみると、

【ちょうどよい】
・企業側としては準備期間が長くなり、例年よりも良いものが出来た
・学生は落ち着いて就職活動をしている印象を受けた
【もっと遅くすべきだ】
・中小企業にとっては、10月開始が早すぎてそれどころではない
・卒業年度でもないのに就職説明会があること自体おかしい
【どちらともいえない】
・学生がどう動くのか読みにくくなった
・得をした方がいるのでしょうか
【昨年通り(10月)が良かった】
・説明会に参加できない学生が増え、企業側も優秀な学生に会えるチャンスが減る
・学生の企業研究にかける時間が短くなり、中小企業はどうしても埋もれてしまう

図1:2カ月遅れの採用広報開始について(企業)
[+]画像拡大

 

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。