今なら入れる?外資系企業はここが「穴場」だ

年収3000万円も夢じゃない!

さてはて、次に入りやすいのは技術職、

つまりは外資系企業のIT職です。

プログラム言語があればいい

エンジニアには英語はいらない。プログラム言語で語りあえばいいのだ。

知り合いのエンジニアの方が、アメリカにいる面接官とスカイプで面接を行った際、相手が英語で話して何を言っているかわからないが、

出されたプログラムを直して採用された

などという伝説を作り上げていました。

プログラム言語は言葉を越えたサムシングなのであります。

FacebookやGoogleなどのIT企業は世界中からエンジニアを探しており、
優秀な人ほど転職しやすく評価もされやすいのがこの世界かもしれません。

しかし、採用されたとしてもオフィスに行ったら

日本人の正社員3人、

あとの30人はインド人の契約社員

みたいなどっきりが起こります。東京なのにリトルインディアがあるようです。

さてはて、いかがだったでしょうか。

日系企業が総務、人事、経理といったジェネラリストを好むのとは違い、
外資系企業では、深い専門性や能力を持つプロフェッショナルがつねに求められています。

自分が鍛え上げた能力を実力主義の世界で試してみる。

その選択肢として、人が動きだした今、「外資系企業」という選択肢もありかもしれません。

といったところで今日は失礼します☆彡

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT