新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

東洋経済が毎年作成している「新・企業力ランキング」は財務面での企業の真の力を探ったもの(詳細はこちら)だが、数年で上位の顔触れは大きく変わっている。

第1回目は2006年に行っているが当時は円安に加え、リーマンショック前の好景気。自動車を筆頭に輸出産業が我が世の春を謳歌していた。

直近の2011年はこれら業界が凋落、代わって資源高で潤う国際石油開発帝石や、ヤフーやディー・エヌ・エーなどのIT系が上位に進出している。


■2006年から2011年の上位企業の変遷

※06年と11年に上位10位以内にランクされた企業の順位の変遷


※『週刊東洋経済』12月17日号の特集「ガバナンス不全症候群」では、さまざまな視点から日本企業におけるガバナンス(企業統治)の問題を分析。本記事の「新・企業力ランキング」のほか、「社長の通信簿」など各種のデータやランキングも掲載している。



キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT