新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

拡大
縮小
新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

東洋経済が毎年作成している「新・企業力ランキング」は財務面での企業の真の力を探ったもの(詳細はこちら)だが、数年で上位の顔触れは大きく変わっている。

第1回目は2006年に行っているが当時は円安に加え、リーマンショック前の好景気。自動車を筆頭に輸出産業が我が世の春を謳歌していた。

直近の2011年はこれら業界が凋落、代わって資源高で潤う国際石油開発帝石や、ヤフーやディー・エヌ・エーなどのIT系が上位に進出している。


■2006年から2011年の上位企業の変遷

※06年と11年に上位10位以内にランクされた企業の順位の変遷


※『週刊東洋経済』12月17日号の特集「ガバナンス不全症候群」では、さまざまな視点から日本企業におけるガバナンス(企業統治)の問題を分析。本記事の「新・企業力ランキング」のほか、「社長の通信簿」など各種のデータやランキングも掲載している。



関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT