PTAに蔓延!「ポイント制」という謎の罰則

負の意味づけを強化するループ化現象

PTAの仕事は、「ポイント制」で本当に平等になるのでしょうか(写真 : Graphs / PIXTA)
子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題が付きまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。

ポイントが貯まっていない人への「お仕置き」

PTAが保護者から「嫌なもの」と思われていることは、いまさら説明するまでもない事実です。なぜPTAはそこまで嫌われるのか? これまでもさまざまな要因を指摘してきましたが、意外と単純なところにも、原因があるように思います。

それは“PTA=嫌なもの”という前提が強すぎるから、ということです。

鶏と卵のような話ですが、嫌なものとして扱われすぎているため、ますます嫌なものと思われるという悪循環が起きている。これが、意外と大きいと思うのです。

そのひとつの例として、「ポイント制」というものがあります。これは委員(クラス役員)などを決める際に使うシステムで、近年徐々に広まってきたものです。

大抵どこのPTAでも「子どもが学校にいる6年(小学校の場合)の間に、必ず一度は委員をやりましょう」という不文律があるのですが、それでも一度も委員をやらないまま卒業する、逃げ切る保護者はいるものです。すると、そのぶん、一部の人が何度も委員を引き受けることになりがちです。

「それでは不公平だ!」ということで、すべての家庭が「平等に」負担を負うべく編み出されたのが、このシステム

次ページ「平等」ありきの「罰則」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。