PTAに蔓延!「ポイント制」という謎の罰則

負の意味づけを強化するループ化現象

ポイント制だけではありません。PTAは全般的に、「自分からやりたい人がいないもの」という前提が強すぎて、「PTA=嫌なもの」という意味づけを自ら強化しているところがあります。

人数の上限設定は本当に合理的?

たとえば、クラス役員(委員)の人数。多くの場合「1クラスから必ず1名」などと上限が決まっていますが、聞いてみると「仲のいい○○さんといっしょなら、やってもいい」という人は意外といるものです。

ですから、委員の人数枠を「1~3人」、もしくは「1人以上」などと幅をもたせると決まりやすくなることは多々あります

また基本的に、1人の保護者が1つの委員を受け持つのが原則となっていますが、なかには「かけもちでやってもいい」という人もいるかもしれません。はたから見たら「負担が偏ってかわいそう!」と思うかもしれませんが、もし本人が望んでいるのであれば、それは負担ではないのです。

実際にやる人がいるかどうかはわかりませんが、少なくとも「かけもちもOK」としておくだけでも、「PTA=嫌なもの」という意味づけが薄められて、イメージが変わるのではないでしょうか。

加入方法についても、同様だと思います。

「PTAが任意加入であることを周知したら、誰もやる人がいなくなってしまう」と恐れて、強制加入を続けているPTAは多いと思いますが、むしろそのせい(強制加入にしているせい)で、「PTA=嫌なもの(誰もやりたがらないもの)」という意味づけを強化してしまっている部分もあると思うのです。

一度、思い切って「PTA=楽しいもの(自分からやりたい人は存在するもの)」という前提でもって、いまのシステム全体を見直し、作り変えてみてもいいかもしれません

もしかしたら、それでもやっぱり「やりたい人は出てこなかったよ!」ということもあるかもしれません。

次ページいっそ「ご褒美」制に!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT