PTAに蔓延!「ポイント制」という謎の罰則

負の意味づけを強化するループ化現象

しかし、そのときにやるべきことは、「ほらね、やっぱり!」と言って、元の形に戻すことではなく、「仕事の内容や、やり方を見直すこと」でしょう。

別に元の形に戻したっていいのですが、それよりも大事なのは、自分からやりたい人が出てくるように、活動そのものを変えること。それをやらないと、おおもとの問題はいつになっても改善されないからです。

活動した人には「プチご褒美」を!

「PTA=嫌なもの」という負の意味づけをやめるだけでなく、さらに、もう一歩踏み込んでもいいかもしれません。

「PTA活動をやらないと、罰が与えられる」のではなく、「活動をやると、いいことがある」というプラスの意味づけに変えてみるのです。

たとえば「ポイント制」も、本来のそれと同様、「ご褒美」制にしてみてはどうでしょうか。ポイントが貯まらない人に罰を与えるのではなく、ポイントを貯めた人には「運動会や卒業式でちょっといい席に座れる」などといった「プチご褒美」を用意するのです。

「罰則」も「ご褒美」も、“自発性を促す”という意味ではあまり推奨すべきものではないかもしれませんが、少なくとも「ご褒美」にしたほうが、「PTA=嫌なもの」という意味づけがされない分、ちょっとはいいと思うのですが……、いかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT