どんな時代でも生き抜く! 「会社の歩き方」を身に付けよ


「自分のことは自分で守らなくてはいけない時代の到来」

と誰もが理解しているはず。ところが太平の時代が長すぎて平和ボケしてしまったのでしょうか? 将来不安を口にするものの……会社倒産とかリストラと具体的な危機が目の前にやってこないと飲み屋の戯言レベルに終始する場合が大半。あるいは将来のための貯金、ムダな買い物はしない……と消極的な選択による行動をする程度ではないでしょうか? 「この会社も10年後は生き残れているかわからない」と本気で感じて、対策を講じているビジネスパーソンは極小です。

なぜなら、会社は世の中や会社が置かれた本当の危機的な状況を教えてくれないからです。事実、職場の上司や人事部、経営者にしてみれば、

「日本経済の将来を心配するくらいなら、目先の仕事に専念してほしい」

これが本音ではないでしょうか? こうした、自己中心的な発想の会社の論理に忠誠を誓って「与えられた仕事だけ」して、その結果、会社は何も守ってくれない悲惨な状況にならないでしょうか? 金預金も大事ですが、それより自分が置かれた状況を理解する努力をすべきです。

あなたは「自分を守り、将来を豊かに暮らすため」に何をすべきか? それを考えることが重要。仮に円がデフォルトしても日本中の企業がすべてなくなることはありません。組織が生き残るために必要な人材は何があっても「求められる人材」として重用されます。

たとえば、あるメーカーが海外ファンドに買収されたとしましょう。従業員の半数をリストラするとして……。

生産性の低い人材、専門性の低い人材は確実にリストラ対象になることでしょう。ただ、リスリラされる対象は? ベテラン社員が対象と考えがち。若い社員は残れると思われていましたが、これは大間違い。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング