まずは「半径5メートル以内」の歩き方を覚える “身内”と仲良くしてこそ仕事ができる

まずは「半径5メートル以内」の歩き方を覚える “身内”と仲良くしてこそ仕事ができる

会社で活躍できるのは本人の実力……と言いたいところですが、職場の人間関係をいかに構築できるか? で大きく変わるもの。それも身近な半径5メートル以内にいる同僚との関係の円滑さにかかっています。

現在の会社で仕事を単独でする機会は減っています。コンプライアンスが重視されることで、

「仕事して結果出せばいいでしょ」「細かなことで口出ししないでほしい」

といった一匹狼的なワークスタイルが否定される時代になりました。

何事も上司への報告、同僚との協力関係で仕事をすることが求められます。よって職場で同僚とかかわる機会は増えて、お互いの協力関係が重要になります。こうした仕事でかかわる密度が濃いのが半径5メートル以内の同僚。会議や打ち合わせなど、嫌でも顔を合わせます。この人間関係の状態こそ仕事での活躍に大きな影響も与えます。

ちなみにあなたは職場の半径5メートル以内の上司・同僚との人間関係は?

(1)良好(仲良く助け合う関係)
(2)敵対(仲悪く足を引っ張る関係)
(3)冷淡(事務的に淡々とした関係)

のどれですか?

職場環境は選べない

ただ、考えてみてください。職場の同僚を選ぶことはできません。「アイツとは価値観が合わないから口もききたくない」と思っても、学生時代のように無視はできません。会社が配属した人事によって与えられた環境でベストを尽くすしかありません。

「でも、最近は職場の異動を自ら申し出ることができる会社も増えてきました」

と反論があるかもしれません。

残念ながら、職場を変えられるチャンスに巡り合える人はごくわずか。個別に「あの上司とやっていられないので変えてください」といった要望を受けていたら人事部が破綻してしまいます(本人の能力と会社の期待が偶然合ったときには、希望した職場の異動がかなうときもありますが……)。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT