世界のNARUTOは身近な経験談から生まれた

原作者・岸本斉史が集大成映画に込めた想い

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

――「仕事で忙しすぎて、子どもとうまく向き合えない父親」を描いた本作は、「働く」ということがテーマのひとつとしても挙げられると思います。岸本先生にとって働くこととは?

僕の場合は、マンガを描くことが仕事なのですが、半分は働いている気がしないと言うか。自分を表現している、という意味合いの方が強いかもしれません。その時の社会の流れや、自分が考えていることなどを、マンガを通じて発散しているという面もあります。その発散作業が仕事になっている、という感じですね。

締め切り時は嫌だが、マンガ書きは幸せ

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

――発散するためには、吸収しなければいけません。

そのためにはあちこちにアンテナを張っていろいろなものを吸収するようにしています。そしてそれをマンガとしてはき出すことが僕の仕事なんだと思います。でも僕はそれを仕事だとはあまり思ってなくて。もともと絵を描くのが好きで、趣味みたいな感じから始まったものですからね。うちの父は、好きなことを仕事にすることは幸せなことだと言っていましたが、本当にそうですね。嫌々やっているということはないです。もちろん締め切りに追われる時は嫌になりますけどね(笑)。

――『NARUTO -ナルト-』の次回作は、SFをやりたいと聞いたのですが。

構想は練っています。でも、もっときちんと形になってからでないと詳しいことは言えません。ですから、担当編集さんにも内容は話していません。やはり担当さんには下手なものは見せられないなというのがあるんです。もちろん連載が始まれば、二人三脚で取り組むようにはなるんですが。最初の読者である担当さんに、アイデアをパッと見せて。その時、どういうリアクションを見せるのか。それによって読者のリアクションもわかる。だから最初から相談してしまうと、それが薄れてしまうような気がするんです。初代担当さんもそうだったんですが、まずは相手をビックリさせて、ワクワクさせてからでないと、作っていても楽しくないんですよね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?