世界のNARUTOは身近な経験談から生まれた

原作者・岸本斉史が集大成映画に込めた想い

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版BORUTO製作委員会 2015

――『NARUTO-ナルト-』は、岸本先生自身の人生観が色濃く反映されているというのは、ファンには有名な話です。今回、ナルトは火影としての仕事に忙殺され、息子のボルトと触れあう時間が取れず、ボルトが不満を募らせる、という内容となっています。これは週刊連載時代の岸本先生が反映された物語なのではないかと推測したのですが。

そのとおりです(笑)。うちの息子は、ボルトほどかみついてこないですが、それでも実体験の方が、リアリティがありますからね。実はつい先日も、この映画の試写会と重なってしまい、息子の誕生パーティーに遅刻してしまいました。この作品はまさに僕だなあと。今までもそうでしたが、本当に自分の経験を反映させているという感じがありますね。

成長したナルトを描きたかった

岸本斉史(きしもと・まさし)/岡山県出身。1996年、『カラクリ』にて新人漫画賞「ホップ☆ステップ賞」佳作 を受賞、同年増刊「赤マルジャンプ」でデビューを果たす。1997年、増刊「赤マルジャンプ」に読切『NARUTO』が掲載され、その後1999年に『NARUTO―ナルト―』 の連載を開始。2014年11月に全700話に及ぶ『NARUTO―ナルト―』の連載を完結。 2015年、平成26年度芸術選奨文部科学大臣新人賞(メディア芸術部門)受賞。

――本作では、落ちこぼれ忍者だったナルトが忍者の頭領である火影となり、落ち着いた大人の男へと成長を遂げました。このナルトの成長には驚く観客もいたのではないかと思ったのですが。

人間というのは実際にいろいろと経験していくうちに変化していくものだと思うので……。そこはうそをつかないで、あえてやってみようと。あまりはしゃがない、大人になったナルトを描きました。だからナルトっぽくないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、さすがに大人になって、しかも火影にまでなっているのに、キャッキャ言っていたら、それはダメだと思うんです。

本来、漫画的にはキャラクターを変えるのはよろしくないと言われています。読者に愛着があるものが変わってしまうわけですから。でも僕は、この映画で『NARUTO-ナルト-』は終わりだと思っているので、息子の問題を抱えた、成長したキャラクターとして描こうと思ったんです。

――ナルトのアクティブな部分はボルトに受け継がれていました。そうすると、ボルトを主人公にした新シリーズを見たいという声も出てきそうですが。

ただ、ナルトが大人になるまでを描ききったという感じがあるので。またボルトを主人公にしてシリーズを始めてしまうと、また同じことを繰り返してしまいそうで。そこはなかなか踏み切れないですね。やはり自分の中では、新しい何かを描けないと、意味ないのかな……と。

――世界中にファンがいる『NARUTO-ナルト-』ですが、世界を意識したことはありますか?

意識したことはないですね。意識したのはアニメ化された時くらいです。その時は世界的に売りたいなという思いがありました。だからアニメーターさんは、『人狼 JIN-ROH』などで世界的に知られている西尾鉄也さんにお願いしたいなと思っていました。西尾さんのラインで、キャラクターデザインをやってもらえれば、外国の方も親しんでくれるのではないかと思ったんです。ただ、やはり西尾さんはお忙しい方なので、やっていただけると決まった時は夢のようでしたね。

次ページ漫画と映画との違いは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。