ブックオフ橋本相談役が今やっていること 相談役になっても現場で大活躍

印刷
A
A
「BOOKOFF PLUS(ブックオフプラス)」の外観

――今の若い世代の中には、将来のことが見えにくく、目標を持ちづらいと思う人もいるのではないかと思うのですが。

現実には老後がどうなるのか、格差社会が広がっていくのではないかと不安になる気持ちはよくわかります。だけど計画は立てるべき。「5年後に起業する」といった立派な目標もそうですし、1年後とか半年後、身近なところでもいいと思うんですよ。

そうして目標と計画を大切にして、仕事に向き合ってみてもらいたいですね。「超つらい」と思っていたことが、必ず「超楽しい」に変わる瞬間が来ますから。

――今後はどのように変化していこうとしているのですか?

以前のブックオフは、どちらかというとスタッフの専門性を消してきたんですよね。統一したマニュアルで成長してきて、それ自体は悪いと思っていません。

でもブックオフは今は本やCDだけではなく、洋服や家電なども扱う総合リユース業に進化しています。「このカメラの性能は……」と語れる力が必要になっていくので、専門性の面ではより磨きをかけていかなければいけませんね。

危機を乗り越える答えは、常に現場にあった

――橋本さんはこれからも現場に出続けるのでしょうか?

もちろん。経営者としてもさまざまなことを経験しましたし、「本当に会社が潰れるのではないか」という危機感を持ったことは何度もあります。でも、その危機を乗り越えるきっかけや答えは、常に現場にありましたからね。

1990年の4月17日以降、現場から心が離れたことは一度もありません。卒業できたら楽になるのかもしれませんが(笑)。もう少し、頑張りたいと思っています。

(文:多田慎介)

リクナビNEXTジャーナルの関連記事
・やりたいことだけやって生きていきたいなら、人の言うことは、一切、聞くな【ロボット工学者 石黒浩さんの仕事論】
・人間の本質は時代を経ても変わらない。だから、過去に学ぶといい。【脳科学者 中野信子さんの仕事論】
・苦しい時期に知った仕事の“原理原則”こそが、増収増益のカギ【株式会社スノーピーク山井社長の仕事論】

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT