VERY編集長が代弁する「働く主婦の本音」

自称"イケダン"に超危険信号

30代女性を中心に熱烈な読者を抱えるVERY。編集部をもっと強い組織にしたいと意気込む今尾朝子編集長は、今年4月に育休から復帰したばかりだ
今年の7月号で創刊20周年を迎えた雑誌「VERY」(光文社)。出版不況と言われる現在も約35万部と、30代向け女性ファッション誌の中でトップの部数を誇る。当初は「シロガネーゼ」や「サロネーゼ」などさまざまな流行語やトレンドを生み出し、専業主婦を中心に人気を集めてきたが、今や読者の過半数が働く女性だという。2007年から編集長を務める今尾朝子氏に、働く主婦や夫婦関係の変遷などについて聞いた。

 

――20年前の創刊当時は、専業主婦がまだまだ多い時代でした。

そうですね。当時はまだ、結婚したら家に入るという女性が大多数でした。ご主人を立て、表向きは一歩引いているけど、精神的には自立していて、家の中では旦那さんと対等に話せる主婦が新しい、という時代だった気がします。

VERYでは15年前くらいから、いわゆる「サロネーゼ」が注目されるように。「趣味が高じておうちでサロンを開く」ことが、専業主婦の憧れの形になりました。

「カッコイイお母さん」でありたい

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

――こうした流れの中、8年前に編集長に就任されました。

ちょうど時代が変わる時期だったと思います。就任直後にいろいろな女性にお会いしましたが、働くことに誇りを持つお母さんが増えてきている印象を持ちました。

主婦といえば控えめな可愛らしさを求められることに抵抗を感じていて、それよりもっとカッコよさに憧れていた。そこで、編集長就任第1号は「“カッコイイお母さん”は止まらない!」という特集を組みました。

――「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」と、雑誌コピーでもストレートに「強い」という言葉を使っていますね。

第1号が当たり、この路線でいいと確信できたので、雑誌コピーもそのように変えました。

次ページ働くママはなんと過半数にものぼる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT