子どもたちに大人気!ママは新幹線の運転士

"日本の大動脈を支える母"の両立術

2人の子育てをしながら新幹線の運転士として乗務する千野聡子さん。子どもたちに「ママかっこいい」と言われることが何よりもうれしいという

ビジネスや観光に一日当たり約42万人もの人々が利用する東海道新幹線。その日本の大動脈を支える運転士のひとり、千野聡子さん(34)は2人の子どもを育てるママだ。

ある金曜日の朝、乗務前にインタビューに応じてくれた千野さん。この日は午前11時30分からの勤務で、回送車両を基地まで輸送した後、新大阪までのぞみを運転し、そのまま大阪に泊まる。

東京に戻ってくるのは翌土曜日の朝だ。「朝9時17分に東京駅着の新幹線なんです。東京に着いたらさっと着替えて勤務を終え、そのまま帰宅せずに、家族とは八景島(神奈川県横浜市)のテーマパークで待ち合わせをしています。明日は丸一日遊ぶ予定なんですよ」と笑う。

運転士の仕事は必ず夜勤を伴い、出退勤の時刻は乗務する列車に合わせて分単位で毎日異なる。また地震や台風などの自然災害が発生すれば急な呼び出しもある。

「産育休から復職後は、当然のように運転士を続けることは難しいと考えていました」という千野さんだが、復職して2年、現在は仕事と子育ての両立ライフを心から楽しんでいるという。

新幹線夫婦に新婚生活はなかった

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

2001年にJR東海に入社した千野さんは、みどりの窓口や改札係など駅での勤務からそのキャリアをスタートさせた。

当時はまだ女性の運転士はいなかったが、やがて5つ上の先輩が同社初の女性運転士となったときに「目指していいんだな」と思ったという。その後、車掌を5年経験した頃に、同社内で新幹線運転士を務める夫と結婚。結婚式を挙げた1カ月後から、運転士としてのキャリアがスタートした。

新幹線運転士の夫婦に、新婚生活らしいものはなかった。お互いが4日勤務の後、2日あるいは1日の休みというパターンで働いていたため、1日でもずれるとなかなか顔を合わせる機会がない。

「一時期はジグソーパズルが夫婦のコミュニケーションになっていた時期がありました。不在時に帰宅すると、テーブルの上のパズルが進んでいる。これでお互いの無事を確認していました」

次ページ子どもができてからはどうなった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT