子どもたちに大人気!ママは新幹線の運転士

"日本の大動脈を支える母"の両立術

試行錯誤で始まったこの生活も、だんだん順調に回るようになってきた。いちばんの懸念だった泊まり勤務についても、むしろ日中の時間を子どもたちと過ごせることにメリットを感じるという。「日勤から帰ってきてあとは寝るだけというよりも、子どもたちにとっては、起きている時間をたくさんママと過ごすほうが楽しいのかもしれません」。

人生が2倍楽しくなった

5歳の長女はいま「プリキュア」に夢中で、実は新幹線にはあまり興味がない。だが、保育園で一緒に過ごしている男の子の友達はみな電車や新幹線が大好き。「新幹線運転士のママ」は、男の子たち、そして男の子のママたちに「かっこいい!」と大人気なのだという。長女もそんなママを誇りに思っているのは間違いない。また、3歳の二女は先日、「行ってきます」と自宅を出る千野さんに向かって、キリっと右手を挙げて敬礼をしてくれたという。

「人生が2倍楽しくなりました」と千野さんは言う。乗務中は仕事に集中するが、いったん勤務が終わると仕事を自宅まで持ち込むことはほとんどない。オンとオフを明確に切り分けることができるため、いったん仕事モードのスイッチがオフになれば、家族で何をして過ごそうかということばかり考えているという。

現在、JR東海には子育てをしながら新幹線に乗務している女性が8人いる(運転士3人、車掌5人)。女性の乗務員は333人(運転士130人、車掌203人、2015年3月現在)。千野さんの場合は、実家の大きなサポートがあってこそとはいえ、それでも「やってみると意外とできるんだということがわかった」という。数多くの後輩たちにもそれを伝えていきたいと考えている。

新幹線には子どもを連れた乗客も多い。車掌として車両を回っているときにそんな乗客への気遣いが以前にも増してできるようになった。子どもたちに「ママかっこいい」と言われると、これまでになく仕事へのモチベーションも上がる。これまで男性一色だった職種に、子育てをしながら挑む女性が増えることで、社会が変わっていくのは確かだ。

(撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT