子どもたちに大人気!ママは新幹線の運転士

"日本の大動脈を支える母"の両立術

試行錯誤で始まったこの生活も、だんだん順調に回るようになってきた。いちばんの懸念だった泊まり勤務についても、むしろ日中の時間を子どもたちと過ごせることにメリットを感じるという。「日勤から帰ってきてあとは寝るだけというよりも、子どもたちにとっては、起きている時間をたくさんママと過ごすほうが楽しいのかもしれません」。

人生が2倍楽しくなった

5歳の長女はいま「プリキュア」に夢中で、実は新幹線にはあまり興味がない。だが、保育園で一緒に過ごしている男の子の友達はみな電車や新幹線が大好き。「新幹線運転士のママ」は、男の子たち、そして男の子のママたちに「かっこいい!」と大人気なのだという。長女もそんなママを誇りに思っているのは間違いない。また、3歳の二女は先日、「行ってきます」と自宅を出る千野さんに向かって、キリっと右手を挙げて敬礼をしてくれたという。

「人生が2倍楽しくなりました」と千野さんは言う。乗務中は仕事に集中するが、いったん勤務が終わると仕事を自宅まで持ち込むことはほとんどない。オンとオフを明確に切り分けることができるため、いったん仕事モードのスイッチがオフになれば、家族で何をして過ごそうかということばかり考えているという。

現在、JR東海には子育てをしながら新幹線に乗務している女性が8人いる(運転士3人、車掌5人)。女性の乗務員は333人(運転士130人、車掌203人、2015年3月現在)。千野さんの場合は、実家の大きなサポートがあってこそとはいえ、それでも「やってみると意外とできるんだということがわかった」という。数多くの後輩たちにもそれを伝えていきたいと考えている。

新幹線には子どもを連れた乗客も多い。車掌として車両を回っているときにそんな乗客への気遣いが以前にも増してできるようになった。子どもたちに「ママかっこいい」と言われると、これまでになく仕事へのモチベーションも上がる。これまで男性一色だった職種に、子育てをしながら挑む女性が増えることで、社会が変わっていくのは確かだ。

(撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT