ブックオフ橋本相談役が今やっていること

相談役になっても現場で大活躍

橋本真由美(はしもと まゆみ)●ブックオフコーポレーション取締役相談役。1949年3月、福井県生まれ。ブックオフ直営1号店である千代田店(神奈川県相模原市)にパートスタッフとして入社し、翌年には2号店の上溝店(同)の店長となる。1994年の取締役就任、2003年の常務取締役就任を経て、2006年に代表取締役社長兼COOに就任。ブックオフの成長とともに若い店長や幹部社員を次々と育て上げ、会社の転換期を何度も乗り越えてきた。プライベートでは3人の孫がいる。

――働き始める際に不安なことはありましたか?

ええ、これを話しても誰も信じてくれないんですけど……。私は子どもの学校の懇親会で自己紹介するだけでもドキドキしてまともに話せないくらい、あがり症だったんです。

先生の陰に半分隠れて「橋本の母でございます……」と。

――とても意外です(笑)。

本当なんですよ。そんな風にして18年間家庭に入っていた私が外に出て、パートとはいえおカネをもらうために働くというのは、大きな不安がありました。

――ブックオフで働こうと思ったのはどうしてですか?

もともと私は栄養士の資格を持っていて、本当は自宅の近くにあった研究機関の食堂で働きたいと思っていたのです。でもそこの求人は埋まっていて入れなかった。

それで、偶然見つけたブックオフに応募しました。

――不思議なご縁だったわけですね。

ねえ。今にして思えば、本当に偶然の出会いだったブックオフが仕事を極める機会を与えてくれたのです。人間、どんな分野で花開くかわかりませんね。

「俺とブックオフ、どっちが大事なんだ?」

――働き始めるにあたって、ご家族の反応はいかがでしたか?

5年前に他界した夫からは、最後まで理解は得られませんでしたね。

仕事で遅く帰るようになって、「俺とブックオフ、どっちが大事なんだ」と言われて。しょっちゅう夫婦げんかをしていました。私は「ブックオフです」と(笑)。

私が仕事を頑張っていても、ほめてくれることは最後までありませんでした。

でもね、こっそりと私がインタビューを受けた新聞記事のスクラップをいっぱい集めていたんです。後で夫の会社の方から聞いたんですが、「新聞を広げてよく奥さんのことを自慢していましたよ」って。

――心の中ではうれしかったのかもしれませんね。

家では一言も、何も言わなかったのにね。男の人って面倒なところがあるのよ(笑)。

――お子さまの反応はどうでしたか?

専業主婦をしていたころは典型的な教育ママで、偏差値ばかり気にしていたし、門限は18時、添加物の入ったおやつはダメ。そんな厳しい母親だったんですが、仕事にのめり込むうちに家事は少しずつおろそかになってしまって。

「子どもに悪いことをしたかな」とずっと思っていたんですが、最近娘たちと話していたら「特に大変だった覚えはないし、気にしてない」って言うんです(笑)。

働く母親を見て、内心は理解してくれていたのかもしれません。働くお母さんから、「子どもに対して後ろめたさを感じる」という話を聞くこともありますが、気にし過ぎなくていいと思いますよ。

遊んでいるわけじゃないんだから。頑張る母親の姿を、子どもはしっかり見てくれているはずです。

次ページどうしてそこまでのめり込めたのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。