家に眠るお酒がカネに?中古品新業態の勝算

「リカーオフ」を知っていますか

赤い看板が目を引くリカーオフの外観(筆者撮影)

先日、仕事で東急目黒線の武蔵小山駅(東京都品川区)に降り立ったときのこと、取材も無事に終わったお昼どき、同駅の名物でもある「武蔵小山商店街パルム」の長いアーケードをのんびりと歩いていると見慣れない店舗がありました。

赤い看板には「Liquor OFF」と「お売り下さい」の文字。ロゴの感じからすると、総合リユースの「ハードオフ」と似ている。これは何だろうと、ちょっと立ち寄ってみることにしました。

ロマネコンティから缶ビールまで幅広い品揃え

私が立ち寄ったリカーオフ武蔵小山パルム店はガラス窓が大きく清潔感があり、店内の様子も見えるため入りやすい雰囲気でした。平日の日中でしたがご近所の方らしい男性が店内をくまなく見ているのがわかります。

自動ドアが開いてすぐ目に飛び込んできたのは、飾り棚に入った琥珀色も美しい洋酒たち。ブック型の陶器に入ったコニャックのカミュ、オールドボトルのレミーマルタンなど、飲んで楽しむのはもちろん、サイドボードに飾っておくだけでも映えそうな逸品が並びます。仕事で一緒に来ていた男性も「ジョニ青(ジョニーウォーカー・ブルーラベル)かー、いいなぁ」と棚を食い入るように見ていました。

店内最奥のワインコーナーはフランスものが中心。シャンパーニュ、5大シャトーの高級ワインに加え、世界最高峰のワインと称されるブルゴーニュの『ロマネコンティ』も鎮座。下町の商店街の一角にある小さな店舗に200万円の最高級ワインがあるとは驚きです。

壁面には珍しい焼酎や日本酒、リキュール類が比較的リーズナブルな価格で並んでいるほか、通常の酒販店でも販売しているような日本のビールもあり、高級品一辺倒というわけでもなさそうです。

さまざまな酒類のほかにも、ワイングラスやコルクを開けるオープナー、酒関係の書籍なども一緒に販売されていました。

次ページどんなものを買い取るのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT