スズキが独フォルクスワーゲンへ提携解消申し入れ--鈴木修会長の会見内容を全文掲載


 スズキの経営哲学は「自主独立」だ。これは、他社による影響を受けず、自立していくということ。私がVWの出資比率を19.9%にとどめたのは、スズキとVWはイコールパートナーであり、スズキが自主独立した会社であるということをVWが理解してくれたからだと思っていたが、だんだんそのへんがおかしくなってきた。

7月28日、VWの前社長であるDr.カール・ハーンがスズキの浜松本社に来た。Dr.ハーンとは、20年前にスペインで小さな自動車を造ろうと協力したころからの知り合いで、私もよく知っている人物だ。彼が来社した際、4時間ほど事情を話し、スズキの本音を伝えたつもりだ。しかし、その翌日の29日にVWは11年1~6月期の決算会見を行い、その場でハンスディーター・ペッチュ財務担当役員が、「VWとしてスズキとの提携関係を見直したい」と発表した。私はペチリの発言はDr.ハーンの報告を受けてなされたものであると理解している。

この事態を放置したままにすると、スズキの(経営の)足かせになりかねない。本音をVW側に伝える意味で、今回の提携解消を決定した。スズキにとって技術開発上の利益が得られるという前提で資本提携を受け入れた。業務提携を解消する以上、資本提携も解消し、VWの持つスズキ株の返還を求めていく。相互保有なので、スズキも1.5%、439万株(のVW株)を保有している。相互に相手の株を処分したい。

スズキはさまざまなOEM供給などの提携関係を結んでおり、各社となかよくビジネスを展開している。業務・資本提携がなくなったとはいえ、今後もVWとは対等にやれると思っている。1年9カ月と短い期間だったが、深入りせず、お互いの経営哲学の違いが早くわかってよかった。以上が今回の発表に至ったアウトラインだ。

***
 質疑応答の主な内容は以下の通り。

--7月29日以降、VWとのあいだに具体的なやりとりはあったのか。

鈴木会長 今日の提携解消発表の直前に、VWから「フィアットから1.6リットルのディーゼルエンジンを調達するのは契約違反である」という指摘があり、「スズキは投資先として有望なので、株式を保有し続ける意向がある」と通告があったのみだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。