算数が得意な子は「九九の覚え方」から違いすぎた 東大生が教える「数字のセンス」を高める覚え方

拡大
縮小
九九
小学校でみんなが覚える「九九」。実は「丸暗記」するのと、「一工夫」して覚えるのとでは、後の「数字のセンス」が大きく変わってくるといいます(画像:koni-film/PIXTA)
「算数から勉強をやり直して、どうにか東大に入れた今になって感じるのは、『こんなに世界が違って見えるようになる勉強はほかにない』ということです」
そう語るのが、2浪、偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。東大受験を決めたとき「小学校の算数」からやり直したという西岡氏は、こう語ります。
「算数の考え方は、『思考の武器』として、その後の人生でも使えるものです。算数や数学の問題で使えるだけでなく、あらゆる勉強に、仕事に、人生に、大きくつながるものなのです」
そんな「思考の武器」を解説した43万部突破シリーズの最新刊、『「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数』が、5月29日に刊行されます。
ここでは、「九九をどう覚えたか」が後に数字のセンスを左右する実態と、その理由を解説してもらいます。

「九九の覚え方」で数字のセンスが変わる

みなさんは、「九九」をどのように覚えましたか?

「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数: 「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく
『「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「1×1」から「9×9」の、81個の計算を覚える「九九」ですが、これを覚えるのは小学生の算数の最初の関門と言っていいでしょう。

僕も小さいころはすごく苦労した思い出があります。語呂合わせで覚えようとしても、「7×8、しちは……なんだっけ?」とすぐに忘れてしまって、親から怒られていました。

普通は語呂合わせで無理やり覚える人が多い「九九」。実は、どう覚えたかによって、その後の数字のセンス・数に対する感覚が変わるのです。

東大生に話を聞くと、九九を覚えたときに、とある工夫をしていたと言います。その覚え方をしていたから、その後に計算のスピードが速くなり、数に対する理解が進んだ、というのです。

今日はこの、「数字のセンスを高める九九の覚え方の工夫」について、みなさんに共有したいと思います。

次ページできる子は「九九」をこう覚えていた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT