有料会員限定

カリスマ投資家が教える「大損しない株の売却術」 利益確定と損切りのポイントを平易に解説

✎ 1〜 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 最新
拡大
縮小

買った株などの運用資産をいつ売るべきか。カリスマ投資家が解説する。

札束を持って喜ぶ家族のイラスト
(イラスト:奈良裕己)

特集「1億円を目指す 資産運用大全」の他の記事を読む

日経平均株価が34年ぶりに史上最高値を更新。新NISAもスタートするなど、資産運用には絶好のチャンスが到来している。『週刊東洋経済』4月27日-5月4日 合併号の第1特集は「1億円を目指す 資産運用大全」だ。今や資産1億円も夢ではない。
※本記事は2024年5月7日6:00まで無料で全文をご覧いただけます。それ以降は有料会員限定となります。
週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

さくらインターネット株で400万円損した──。

日本政府の共通クラウド基盤に自社製品が採用され、冒頭のような見出しの記事が世に出るほど注目された、さくらインターネット。同社の株価は政府の発表をきっかけに急上昇した後、暴落した。筆者は上昇開始後に購入し、急騰中も何度か下落したがすぐには売らず、最終的に購入価格の6倍で利益確定(利食い)することができた。

この銘柄に限らず、買った株などの資産を「いつ売るか」は大きな悩みの1つだ。売り時を誤ると、得られたはずの利益を逃したり、逆に損失が膨らんだりしかねない。とくに最近のような上昇相場では、株価が少し上がったところで売ってしまい、その後のさらなる上昇の波に乗れず悔しい思いをする投資家が多い。

ここでは、損失を最小限に抑えつつ、利益をできる限り増やすための売り方を紹介する。

「そろそろ下がるだろう」

上昇相場で大きな利益を上げられないのは、「そろそろ下がるだろう」「いま売れば5%の利益を得られるが、持ち続けると株価が下がって利益が減るかも」などと考えてしまうから。そこで勧めたいのが、「株価が下落に転じたら売る」というシンプルな手法だ。

下図の株価チャートを見てほしい。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
1億円を目指す 資産運用大全
新NISA活用で「1億円」を目指す 資産運用大全
ベスト投信、億り人シミュレーション、出口戦略…
まずは月3000円や1万円でも「複利」の効果あり
20~50代まで10パターン、月3万円でも1億円
何を買う? 分配金を受け取る? 為替ヘッジ?
リターンとリスク? 基準価額? 3つの手数料?
1日で資金1000億円を集めた「お化けファンド」
純資産残高3兆円、コストの低さが人気だが…
日経平均株価やS&P500を上回るファンドとは
J-REITの分配金利回りランキング TOP10
新NISAが始まったのに資金流出が止まらない
アクティブファンドが復活する3つの理由
インデックス投資よりも儲けたい人は必見!
マーケットで注目されそうな話題を先取り
日本企業が世界で高シェア、AIブームも追い風
東証の要請で企業経営が激変、投資家にも恩恵
株価が10倍以上に化ける小型成長株の3条件
1位の銘柄は利回り7.46%、株主優待銘柄も
1年で株価10倍超、69年連続増配、バフェット…
新NISA開始で投資初心者から注目されているが…
専業投資家DAIBOUCHOU氏が平易に解説
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内