有料会員限定

"新NISAはオルカン1本で大丈夫" は本当?「後編」 純資産残高3兆円、コストの低さが人気だが…

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

オルカン記事の後編をお届けする。

一万円札の上に地球儀とビジネスパーソンのミニチュア
(写真:tsukat / PIXTA)

特集「1億円を目指す 資産運用大全」の他の記事を読む

日経平均株価が34年ぶりに史上最高値を更新。新NISAもスタートするなど、資産運用には絶好のチャンスが到来している。『週刊東洋経済』4月27日-5月4日 合併号の第1特集は「1億円を目指す 資産運用大全」だ。今や資産1億円も夢ではない。

※記事の「前編」はこちら
週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

オルカンを展開する三菱UFJアセットマネジメントは、「eMAXISシリーズ」として、「eMAXIS」、「eMAXIS Slim」、「eMAXISプラス」、そして「eMAXIS Neo」という4つの投信をそろえている。

このうち、日経平均株価をはじめとするさまざまな「指数」に運用成績を連動させるインデックスファンドは、eMAXISとeMAXIS Slimの2つ。

ちなみにeMAXISプラスはコモディティー(商品)に投資するファンドであり、eMAXIS Neoは宇宙開発やドローン、水素エコノミーなど13のテーマ指数に投資できるファンドとなっている。

インデックスファンドのいずれにもオール・カントリーは設定されているが、人気が沸騰しているのはeMAXIS Slimのもの。というのも、運用にかかるコストが違うからだ。eMAXISのオール・カントリーに適用される信託報酬率は0.66%。それに対しeMAXIS Slimは0.05775%と格段に低いのだ。

マーケティング戦略の勝利

eMAXIS Slimがこれだけの低コストを実現できているのは、販売をオンラインに限定し、目論見書などの交付を店頭での手渡しや郵送ではなく電子交付に限定するなど、徹底したコスト削減を行っているからだ。

「全世界の株式に分散投資するのが合理的」だとして、全世界株式の指数に連動させるインデックスファンドが注目されて以降、中でも低コストのものが人気を集めるようになった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
1億円を目指す 資産運用大全
新NISA活用で「1億円」を目指す 資産運用大全
ベスト投信、億り人シミュレーション、出口戦略…
まずは月3000円や1万円でも「複利」の効果あり
20~50代まで10パターン、月3万円でも1億円
何を買う? 分配金を受け取る? 為替ヘッジ?
リターンとリスク? 基準価額? 3つの手数料?
1日で資金1000億円を集めた「お化けファンド」
純資産残高3兆円、コストの低さが人気だが…
日経平均株価やS&P500を上回るファンドとは
J-REITの分配金利回りランキング TOP10
新NISAが始まったのに資金流出が止まらない
アクティブファンドが復活する3つの理由
インデックス投資よりも儲けたい人は必見!
マーケットで注目されそうな話題を先取り
日本企業が世界で高シェア、AIブームも追い風
東証の要請で企業経営が激変、投資家にも恩恵
株価が10倍以上に化ける小型成長株の3条件
1位の銘柄は利回り7.46%、株主優待銘柄も
1年で株価10倍超、69年連続増配、バフェット…
新NISA開始で投資初心者から注目されているが…
専業投資家DAIBOUCHOU氏が平易に解説
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内