有料会員限定

インデックスに勝てるアクティブ投信「厳選5本」 アクティブファンドが復活する3つの理由

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

世界の株式投資で、アクティブファンドに復活の兆しが見えてきた。

株価チャートとビジネスパーソン
(写真:metamorworks / PIXTA)

特集「1億円を目指す 資産運用大全」の他の記事を読む

日経平均株価が34年ぶりに史上最高値を更新。新NISAもスタートするなど、資産運用には絶好のチャンスが到来している。『週刊東洋経済』4月27日-5月4日 合併号の第1特集は「1億円を目指す 資産運用大全」だ。今や資産1億円も夢ではない。
週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

プロの運用者が運用するアクティブファンドが、インデックスファンドに、人気・運用成績ともに圧倒されている。しかし直近の運用成績だけでインデックスファンドに資金が集まる風潮には疑問がある。

運用実績の長いものが多い米国の投信で、過去15年間の平均リターンを比較すると、確かに世界株を対象にしたアクティブファンドのリターンはインデックスファンドに負けている。しかし米国株を除けば、逆にアクティブファンドのほうが勝っているのだ。

なぜ米国株ではアクティブファンドが苦戦してきたのか。その理由は、株式市場の主役たちが長期にわたって変わらず、しかもそうした銘柄の株価上昇が株式市場全体を左右する環境だったからだ。

米国ではこの10〜15年間、「GAFAM」と称される巨大IT企業5社が株式市場を牽引してきた。過去10年余りで米国の株式市場(S&P500)は約5倍に上昇しているが、同期間にGAFAMの株価は10〜20倍にもなっている。

そうした環境下では、どうしてもアクティブファンドは苦しい。インデックスファンド以上の比率でそうした銘柄を保有し続けなければ勝つことが難しいからだ。しかし、株価の割安度を重視するアクティブファンドの運用者にとって、そうした選択肢は取りづらい。そのため、アクティブファンド全体では運用成績が劣ってしまうのは必然だったのだ。

復活する3つの理由

だが、今後は3つの理由で米国株でもアクティブファンドが活躍できる条件が整うと考える。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
1億円を目指す 資産運用大全
新NISA活用で「1億円」を目指す 資産運用大全
ベスト投信、億り人シミュレーション、出口戦略…
まずは月3000円や1万円でも「複利」の効果あり
20~50代まで10パターン、月3万円でも1億円
何を買う? 分配金を受け取る? 為替ヘッジ?
リターンとリスク? 基準価額? 3つの手数料?
1日で資金1000億円を集めた「お化けファンド」
純資産残高3兆円、コストの低さが人気だが…
日経平均株価やS&P500を上回るファンドとは
J-REITの分配金利回りランキング TOP10
新NISAが始まったのに資金流出が止まらない
アクティブファンドが復活する3つの理由
インデックス投資よりも儲けたい人は必見!
マーケットで注目されそうな話題を先取り
日本企業が世界で高シェア、AIブームも追い風
東証の要請で企業経営が激変、投資家にも恩恵
株価が10倍以上に化ける小型成長株の3条件
1位の銘柄は利回り7.46%、株主優待銘柄も
1年で株価10倍超、69年連続増配、バフェット…
新NISA開始で投資初心者から注目されているが…
専業投資家DAIBOUCHOU氏が平易に解説
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内