元長者番付1位「清原達郎氏」今の相場で勝つ方法 半導体や生成AIはハイリスク、お勧め投資先は…

拡大
縮小
清原達郎
伝説のファンドマネジャー清原達郎氏が、株式投資の勝ち方について伝授する(c)野口 博
2005年、タワー投資顧問の運用部長として長者番付1位となった伝説のファンドマネジャー清原達郎氏。2023年、「タワーK1ファンド」の運用を終了・退社後に自身初となる著書『わが投資術 市場は誰に微笑むか』を上梓した。そこには、これまでの投資経験や、個人投資家が今の相場で勝つためのノウハウが余すところなく記されている。本稿では著書の一部抜粋と併せ、清原氏への取材(※)によるコメントをご紹介する。
(※清原氏の過去の咽頭がん手術の影響により、文面のやりとりによる取材を行いました)

大型株のETFと割安小型株

清原氏は個人投資家に対して、「大型株のETF」投資と「割安な小型株」への投資の2本立てを勧めている。

私は日本株の大型株に投資するならTOPIXのETFが便利だと思っています。大型株は自分でリサーチしても得るものは少ないですからねえ。ETFに任せるのが合理的です。(P139より抜粋)

日経平均とTOPIXへの投資の違いについては以下のように説明する。

「実を言うとTOPIXでも日経225のインデックスファンド(ETF)でも大した違いがないと思うのですよ。でも日経225は最近人気になって株価が急騰している半導体製造装置株とかの比率も高いしなんとなく嫌ですね。日経225はかなりいびつな指数です。だからといってこの2の指数のリターンに大きな違いが出るということにはならないかもしれません」

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT